2017年03月15日

わたしは、ダニエル・ブレイク 原題:I, Daniel Blake

watasiha daniel.jpg

監督:ケン・ローチ
出演:デイヴ・ジョーンズ、 ヘイリー・スクワイアーズ

イギリス北東部ニューカッスル。59歳になるダニエル・ブレイクは最愛の妻を看取り、今は一人暮らし。心臓発作を起こし、医者から大工の仕事を止められ雇用支援手当てを受けている。紋切り型の継続審査で、心臓が悪いと言っても聞いて貰えず、「就労可能・手当中止」の通知を受け取る。窓口に電話するも、1時間48分も待たされ、「サッカーの試合が終る位待たされた」とつぶやく。あげく、苦情申し立てはネットからと言われる。
そんな折、遅刻して給付金を受け取れず、悲痛な声で担当者に申し立てしている若い女性ケイティを見かける。思わず加勢するダニエル。事情を聞いてみれば、ロンドンから役所が斡旋したアパートに越してきたシングルマザー。ぼろアパートの修理をしたり、食料や日用品が支給されるフードバンクに付き添ったりと、ダニエルは手助けする・・・

イギリスといえば、「ゆりかごから墓場まで」国が面倒をみてくれるものと思っていたら、どうやらそうでもないらしい。「お役所仕事」に振り回されるのも、どこかの国と同じ。
苦情申し立てするのに、職業安定所で慣れないパソコンに向かい、四苦八苦してやっと入力したら、フリーズして時間切れ。あるある! こういう経験!と、同情します。
ほんとに今は何でもネットから。アナログ人間には住み難い世の中になってしまいました。
苦情くらい、ちゃんと人間が対応してほしいもの。
ダニエルは自身も窮地に立たされているのに、人を気遣う心の余裕を持っていて、見習いたい。
そして、最後にダニエルは、理不尽な役所の対応に、「人間、尊厳を失ったら終わり」と言い放って思い切った行動に出ます。声をあげなければ、何も変わらない!
これまで、社会的弱者に寄り添うように映画を作り続けてきたケン・ローチ監督。80歳を目前に、またもや社会に一石を投じてくれた一作です。(咲)


2016年/イギリス・フランス・ベルギー/1時間40分/アメリカンビスタサイズ/カラー/5.1ch
配給:ロングライド
公式サイト:http://danielblake.jp
★2017年3月18日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他全国順次公開
posted by sakiko at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447928461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック