2017年03月12日

娘よ  原題:Dukhtar   英題:Daughter

musumeyo.jpg

監督・脚本・プロデュース:アフィア・ナサニエル
出演:サミア・ムムターズ、セーレハ・アーレフ、モヒブ・ミルザー

パキスタン北部の争いの絶えない部族社会。死には死の連鎖を断つ為、10歳の娘ザイナブを敵対する部族の長老に嫁がせることになる。自らも15歳の時に部族対立を鎮めるため嫁がされた母アッララキ。娘の人生はこれで終わってしまうと、結婚式の朝、娘を連れて決死の逃避行を敢行する。二人はトラックの荷台に忍び込む。運転手のソハイルは、追っ手に見つかれば自身にも身の危険が及ぶのを承知で二人を助ける・・・

壮大なカラコルム山脈を背景に描かれるスリリングな逃避行。母が娘の幸せを願う気持ちが、ずっしりと伝わってきます。パキスタンの中でも女性隔離の慣習が強く、独特の掟を持つパシュトゥーン族の物語。
自らも母方がパシュトゥーン族のアフィア・ナサニエル監督が、幼い娘二人を連れて逃げた母親の実話に触発されて脚本を書き始め、10年後にようやく完成した映画。資金が集まらず諦めかけたこともあったそうですが、結婚し、自らも母親となり、この物語を是非世に出したいと強く願い、映画化が実現。パキスタン映画として、日本で初めて公開される映画となりました。
パキスタンというと女性が虐げられているイメージが強いですが、昨年8月に公開された『ソング・オブ・ラホール』(資本はアメリカ)も、メインの監督はパキスタンの女性シャルミーン・ウベード=チナーイでした。
パキスタンの女性たちの地位向上をけん引していって欲しい監督たちです。(咲)


DSCF9111 dukhtar 320.jpg

公開を前に来日したアフィア・ナサニエル監督にお話を伺いました。
華奢な身体に秘めた強い意志を感じました。

第87回アカデミー賞外国語映画部門 パキスタン代表

2014年/パキスタン・米国・ノルウェー/デジタル/93分
配給:パンドラ
公式サイト:http://www.musumeyo.com
★2017年3月25日(土)岩波ホールにて公開
posted by sakiko at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447829132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック