2017年03月03日

汚れたミルク/あるセールスマンの告発  原題:Tigers

yogoreta milk.jpg

監督 ダニス・タノヴィッチ
脚本 ダニス・タノヴィッチ、アンディ・パターソン
撮影 エロル・ズブツェヴィッチ
編集 プレールナー・サイガル
音楽 プリータム
出演 イムラン・ハシュミ、ギータンジャリ、ダニー・ヒューストン、カーリド・アブダッラー、アディル・フセイン

大手グローバル企業を告発した男の実話に基づく物語。
パキスタンの国産製薬会社の営業マンだったアヤン。1994年、多国籍企業の台頭で国産の薬が売れなくなり、経験を活かし多国籍企業に転職する。「結果を残せ」と賄賂用のお金も渡され、粉ミルクを販売するトップセールスマンとなる。
1997年、親しい医師より、粉ミルク育ちの赤ちゃんの多くが汚い水で薄めたことが原因で死亡していると聞かされる。カラチのスラムで実態を見て、医師の言葉を理解したアヤン。上司は、「政府が水道を整備しないから」という。知っていて販売させていたのかと、アヤンは会社を辞め、多国籍企業を相手に闘う日々が始まる・・・

ダニス・タノヴィッチ監督がこの告訴のことを聞いたのは、2006年。すぐにパキスタンに飛び、事実関係を調べる。いまだに貧困層の母親たちが安全とはいえない粉ミルクを買うよう促されている実態を知り、映画化を決意する。
映画の冒頭、製作側とアヤンが、映画化は、お互いにリスクがあることをスカイプで顔を見ながら確認する場面がある。まさに監督にとっても、この題材は大きなリスク。『めぐり逢わせのお弁当』製作チームとタッグを組み、インドで撮影していて、印パ紛争が起こるのではと心配にもなります。
特定できる大企業を扱っている為、2014年に完成したものの、上映がなかなか叶わず、今回の日本公開が世界初公開だそうです。(ほんとうの社名が一瞬出るのをお見逃しなく!)

アヤンのモデルであるセイッド・アミール・ラザは、身の危険を感じて祖国パキスタンを離れ、7年間、家族にも会えず、親を看取ることもできなかったとのこと。映画の中で、彼のお父さんは「領収書のオリジナルは必ず保管しておくこと」とか「告訴状は、一カ所のポストじゃなくて、別のポストから届けなさい」など、とても知恵者。そのお父様を看取れなかったのですね。現在は、家族とも再会。カナダのトロントでタクシー運転手をしながら家族と暮らしているそうです。覚悟して声をあげた勇気を褒め称えたい。政府の規制が何よりの解決策という思いで映画化した監督にも拍手を送りたい。

もう30年程前に、トルコの旅の帰りにカラチで赤痢を拾ったことがあるのを思い出しました。数年後、シリアからカラチ経由で帰る時には、トランジットホテルでの食事は避けて、駐在員の方のご自宅でお世話になりました。その時に、水が悪いので歯を磨いて口をゆすぐのも湯冷ましを使っていると聞かされました。歯ブラシを洗うのも、もちろん蛇口の水は駄目。
それでも庶民がちゃんと生きているのは、長年住むうちに免疫ができるから。生まれたばかりの赤ちゃんは一発でやられてしまうようです。母乳で育てれば問題ないとのこと。売らんかなの企業精神が庶民を犠牲にした功罪はほんとに大きい。でも、それは衛生状態の良し悪しに関係なく、私たちも知らないうちに身体に悪いものを口にさせられているのではないでしょうか。(咲)


☆『ノーマンズランド』で監督デビューしたボスニア・ヘルツェゴビナ出身のダニス・タノヴィッチ監督。最新作『サラエヴォの銃声』(2017年)が本作に引き続き3月25日(土)より新宿シネマカリテで公開される。

配給 ビターズ・エンド
2014年/インド=フランス=イギリス//94分/シネマスコープ
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/tanovic/
★2017年3月4日(土) 新宿シネマカリテにてロードショー
posted by sakiko at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック