2017年02月26日

ラビング 愛という名前のふたり(原題:Loving)

loving.jpg

監督・脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:ジョエル・エドガートン(リチャード)、ルース・ネッガ(ミルドレッド)、マートン・ソーカス(ブルックス保安官)、ニック・クロール(バーナード・コーエン)、テリー・アブニー(ガーネット)、アラーノ・ミラー(レイモンド)、ジョン・ベース(フィリップ・ハーシュコプ)、マイケル・シャノン(グレイ・ビレット)

1958年バージニア州では異人種間の結婚が禁じられていた。大工のリチャード・ラビングは恋人のミルドレッドが妊娠したのを大喜びする。結婚が認められない地元ではなく、、ワシントンDCまで出かけて結婚届を出した。しかし、真夜中に保安官が押し掛け「この結婚は違法」と二人を逮捕する。白人のリチャードは翌日釈放されるが、黒人のミルドレッドはしばらく留め置かれてしまう。弁護士に相談し法廷に臨むが、二人への判決は1年間服役するか、州から25年間追放されるかというものだった。
やむを得ず二人は親類を頼ってワシントンに移り住む。子どもが安心して遊ぶ場所もなく、ミルドレッドは自然豊かな故郷が恋しい。1963年ミルドレッドは時のケネディ司法長官にそれまでの事情と「故郷で暮らしたい」という望みを打ち明けた手紙を書いた。 アメリカ自由人権協会にこのケースが委ねられ、二人を担当する弁護士が現れる。

ただ互いを愛し、故郷で暮らすことを願った夫婦が、法律をも変えることになった真実の物語。先に発表されたドキュメンタリーを作った監督がプロデューサーとして長編映画の企画を立て、コリン・ファースも制作に加わります。『テイク・シェルター』(2012/マイケル・シャノン主演)のジェフ・ニコルズが監督・脚本です。
夫妻役にぴったりの俳優を得たうえ、実在の場所でのロケはリアリティを深めました。ジョエル・エドガートンは監督・主演の『ギフト』(2015)で主人公に接近してくる不気味な旧友を演じています。昨年観たばかりですが、こちらの『ラビング〜』では実直で家族思いの職人役。髪はもちろん顔立ちも違って見えてすぐに気づきませんでした。妻役のルース・ネッガも共にアカデミー賞にノミネートされています。
これまでにもほかの映画で、白人と黒人の結婚を反対されて苦労した話を観ましたが、州ごとに法律が違っていることや罰則がこんなに厳しいものであったことをこの作品で初めて知りました。ご夫婦の姓が「Loving 」だなんて偶然なのでしょうが、なんとも素敵です。
1967年6月12日、米国連邦最高裁判所で「異人種間結婚禁止法は違憲」とする全員一致の判決が下されました。この日は「Loving Day」と呼ばれる記念日になっています。(白)


2016年/イギリス・アメリカ合作/カラー/シネスコ/122分
配給:ギャガ
http://gaga.ne.jp/loving/
(C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
★2017年3月3日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447380873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック