2017年02月21日

百日告別  原題 百日告別 Zinnia Flower

2017年2月25日より、ユーロスペース他にて公開
百日告別/チラシビジュアル_R.jpg
(C) 2015 Atom Cinema Taipei Postproduction Corp. B'in Music International Ltd. All Rights Reserved


監督・脚本 林書宇(トム・リン)  脚本 劉蔚然(リウ・ウェイラン) 
製作 リン・イーリン リン・シーケン
製作総指揮 劉蔚然(リウ・ウェイラン) ジュリア・シェ
音楽 龔ト祺(コン・ユーチー)、蘇打香iソーダグリーン)
出演 林嘉欣(カリーナ・ラム) シンミン役
石錦航(シー・チンハン)ユーウェイ役
張書豪(チャン・シューハオ)レンイー役
李千娜(リー・チエンナ)シンティン役
蔡亘晏(ツァイ・ガンユエン)ジャーイエン役
馬志翔(マー・ジーシアン)シンミン婚約者役

大切な人との忘れられない愛の記憶

高速道路の玉突き事故で、それぞれ最愛のパートナーを失った二人の再生物語。
婚約者を失ったシンミン。妊娠中の妻を失ったユーウェイ。突然愛する人が亡くなり茫然自失の中、その事実を受け止められないでいる二人。
合同葬儀をすませ、初七日、四九日、七七日、100日まで節目ごとの法要に山の上のお寺を訪れる。
二人は悲しみの迷路から抜け出せずにいた。そんな苦しみの中、ユーウェイはピアノ 教師だった妻の生徒たちの家を尋ね歩く…。シンミンは新婚旅行をかねて 新メニューを探しに行くはずだった沖縄 へと旅立つ…。
それぞれの旅の先に待ち受けていたものは…。それぞれの思い。
最愛の人が亡くなった後の悲しみから立ち直るには…。
結婚・育児休業後の復帰作となるカリーナ・ラムがシンミンを演じ、台湾のバンド「五月天 Mayday」のギタリストであるストーン(石頭)ことシー・チンハンがユーウェイを演じる。

サブ1_R.jpg

(C) 2015 Atom Cinema Taipei Postproduction Corp. B'in Music International Ltd. All Rights Reserved

淡々とした内容だったけど、じんわりと暖かい気持ちに。
トム・リン監督の妻が亡くなって、その喪失感からの立ち直りを経験し、この作品を作ったという。私自身、一昨年(2015年)の東京国際映画祭でのこの作品の上映直後に母を亡くし、この二人と同じような気持ちの中で過ごしたこの1年だった。身近な人を亡くすという喪失感は、どんな人にもあると思う。そんな、気持ちを監督は表現してくれた。(暁)

左 トム・リン監督 右 シー・チンハン補正_R.jpg
左 トム・リン監督 右 シー・チンハン(2015年東京国際映画祭にて)


製作:原子映象有限公司 
制作支援:沖縄県 
撮影協力:(一財)沖縄観光コンベンションビューロー、沖縄フィルムオフィス
後援:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター 台湾観光局/台湾観光協会 沖縄県観光協会/(一財)沖縄観光コンベンションビューロー
【2015年/台湾/中国語・日本語/デジタル/96分】
配給パンドラ
オフィシャルサイト http://www.kokubetsu.com/
posted by akemi at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447200757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック