2017年02月19日

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う    原題:Demolition

amenohiwa aenai.jpg

監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』) 
出演:ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー

ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、ウォールストリートのエリート銀行員。ある朝、いつものように美しい妻の運転する車でオフィスに向かう途中、交通事故にあう。病院に搬送されるが、妻は帰らぬ人となる。なのに、1滴の涙も出ない。それどころか、自動販売機でチョコレートを買おうとする。しかも、それが引っかかって出てこなくて、苦情の手紙を長々としたためる。
「彼女のことを本当に愛していたのか?」と自問自答するディヴィス。妻の父親から、「心の修理も、車の修理と同じ。点検して組み立て直せばいい」と言われ、妻の持ち物はじめ、家の中のあらゆるものを破壊し始める・・・

妻が亡くなったのに、自動販売機の不具合について苦情の手紙を長々と書いて消費者窓口に出すという行為は、なんとも妙だけど、愛する人を突然亡くした時って、もしかしたら、そんな突拍子もないことをしてしまうのかも知れない。
自動販売機の苦情対応係のカレン(ナオミ・ワッツ)との交流が始まるというのも、また面白い。
なんだかよくわからないままに、ラストを迎えたけれど、不思議に心に引っ掛かる映画でした。もう一度観れば、ディヴィスの心情や、映画が何を描いていたのかわかるかな?(咲)


2015年/アメリカ/101分
配給:ファントム・フィルム 
公式サイト:http://ame-hare-movie.jp/
★2017年2月18日(土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー!
posted by sakiko at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447157753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック