2017年02月05日

たかが世界の終わり  原題:Juste la fin du monde

takaga sekai.jpg

監督・脚本:グザヴィエ・ドラン (『Mommy マミー』『わたしはロランス』)
原作:ジャン=リュック・ラガルス「まさに世界の終わり」
出演:ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイ

若手人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)は、12年ぶりに実家に向かっていた。重い腰をあげたのは、家族に「もうすぐ死ぬ」と伝えるためだ。
母マルティーヌ(ナタリー・バイ)は、息子の好きな料理を食卓に並べている。妹シュザンヌ(レア・セドゥ)は、小さい頃に別れた兄の記憶はないが、お洒落をして待ち構えている。一方、兄アントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)は、久しぶりに会う弟に素っ気ない。兄の妻カトリーヌ(マリオン・コティヤール)とは初対面。ぎこちない雰囲気の中で、カトリーヌは気をつかって、話題を探してルイに話しかける。
デザートを食べ終わったら、皆に話そうと思っていたルイだが、タイミングを逸してしまう・・・

12年も帰郷してなかったルイ。どこかぎくしゃくした家族の会話。過去に何があったのか?
一番印象に残ったのは、話し下手なのに、一生懸命ルイに話しかけようとするカトリーヌを演じたマリオン・コティヤール。映画ごとに違った顔を見せてくれて、驚かされる。
プレス資料に、グザヴィエ・ドランが本作を撮ろうと思ったのは、カンヌ国際映画祭でマリオン・コティヤールに出会ったのがきっかけだったとあった。鬼才ドランが引き出したマリオン・コティヤールの違った魅力。
それにしても、なんとももどかしい家族の風景! (咲)



640.jpg

(C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual


第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品、若き天才ドラン監督の最新作。映画のタイトルどおり、愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて… 共感することこの上ない。ましてや家族なんだし… 夫婦なら離婚できるけど家族はそうそう別れられない。私も昔、実兄と喧嘩した時に「兄弟は他人のはじまり」と言われ大変ショックを受けたことを思い出し、つくづく血が繋がっている家族より赤の他人とのほうが分かり合えるなんて、と複雑な気持ちを抱いたことがあり、それは今でもトラウマになっている。これって世界共通のフラグだったのか…。 (千)


2016年/カナダ・フランス/99分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
配給:ギャガ
提供:ピクチャーズデプト、ギャガ、ポニーキャニオン、WOWOW、鈍牛倶楽部
後援:カナダ大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
公式サイト:http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/
★2017年2月11日(土)新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA 、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次ロードショー



posted by sakiko at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446694104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック