2017年02月05日

海は燃えている イタリア最南端の小さな島  原題:FUOCOAMMARE 英題:FIRE AT SEA

umi moeteiru.jpg

監督:ジャンフランコ・ロージ(『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』)

イタリア最南端にある小さな島、ランペドゥーサ島。
12歳の少年サムエレは、今日も友だちと手作りのパチンコで遊んでいる。男たちは海に漁に出て、女たちは料理をしたり刺繍をしたり、のどかな島の暮らし。
一方、島で唯一の医師ピエトロ・バルトロのところには、今日も島にたどり着いた難民を乗せた船からの病人が担ぎこまれている。船に赴き、死体を確認することもある。
小さな島なのに、医師以外の島の人たちは、島の片隅の難民キャンプにいる大勢の人たちと交わることもない・・・

チュニジアの海岸から東へわずか113kmに位置するランペドゥーサ島。数多くの難民が押し寄せるのに、島の人たちが彼らと接することもないという現実。映画を観ていて、両者が決して交わることがないことに、最初は不思議な思いがしていたけれど、実はこれが世界の縮図なのだと思いました。私とて、ニュースを見ていて、故国を逃げ出すしかない人たちのことを気の毒だと思っても、結局、何の行動も起こしていません。
誰だって、難民などになりたくないはず。解決策が見つからないのが、ほんとに悲しい。

原題FUOCOAMMAREは、“海の炎”の意。サムエレのおばさんマリアが、悪天候続きで漁に出れない日々が続いている時に、天気の回復を祈ってラジオ局にリクエストする曲のタイトル。 悪天候続きということは、難民を載せた船も、無事にたどり着いているのかしらと、ふと心配になりました。(咲)


第66回ベルリン国際映画祭金熊賞

2015年/イタリア・フランス/114分/イタリア語・英語/ドキュメンタリー
配給:ビターズ・エンド
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館 
協力:国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/umi/
★2017年2月11日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー!
posted by sakiko at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446692865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック