2017年02月04日

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方  原題:Quatsch und die Nasenbarbande

sekai itiban ichigo milk.jpg

監督: ファイト・ヘルマー (『ゲート・トゥ・ヘヴン』)
出演 子どもたち:ノラ・ボーネル、ジャスティン・ウィルケ、シャーロット・ルービッヒ、ピーター・ディヤン・ブダク、ヘンリエッテ・クラトチウィル、マティス・ミオ・ワイゼ
大人たち:ファビアン・ブッシュ(『帰ってきたヒトラー』)、ベンノ・フェルマン(『戦場のマリア』『アイガー北壁』『ソハの地下水道』)、クリスチャン・ハーティング(『サウルの息子』)、ウド・シェンク(『ヒトラー暗殺、13分の誤算』、アレクサンダー・ジェーア(『カルロス』)

ドイツの美しい村ボラースドルフ。
4歳の子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。
ある日、消費者調査会社“銀色団”が、ドイツのど真ん中にある、この村を新商品のモニター村にしようと乗り込んできます。市長はじめ大人たちは皆、その申し出に大喜び。
村の老人たちは、さまざまな分野で初めてのことを成し遂げてきた、特別で、ちょっと変わった人ばかりでした。でも、平凡で平均的な村での調査を目指していた銀色団には、そんな老人たちは邪魔な存在です。彼らを老人ホームに追いやってしまいます。
「大好きなおじいちゃんやおばあちゃんを救え!」
6人の子どもたちは幼稚園を脱走して、大親友のクアッチと一緒に“ハナグマ・ギャング団”を結成し、救出作戦を開始します。
「この村はフツー過ぎてモニター村にされちゃった。村を特別にすれば、おじいちゃんやおばあちゃんが帰ってくる!」
そう考えた子どもたちは、あの手この手で村から世界新記録を出そうとがんばります。なかなかうまくいかなくて、あきらめかけたとき、天才クアッチが、画期的なアイディアを思いつきます。それは、“世界でいちばんのイチゴミルク”を作ること!

清掃車の高い運転台に乗り込む子どもたち。道路を暴走するうち横転。トラクター、汽車、蒸気船、消防車・・・と、連鎖的に事故を起こして村のインフラも建物も破壊してしまいます。
フツ〜でなくなってしまう村!
いろんな乗り物が出てきて事故を起こすのは、実は監督の当時4歳の息子さんのアイディア。脚本にちゃんと息子さんの名前もクレジットされています。
あちこち壊されたり、美味しいイチゴミルクがたっぷり作られたり、子どもたちにとって、わくわくする楽しい場面がいっぱい。
一方、大企業の陰謀に立ち向かうというテーマは、大人にとっても痛快。
大人も子どもも楽しめる映画です。(咲)


DSCF9163 ichigo_4 320.jpg
ファイト・ヘルマー監督インタビュー


2014年/ドイツ/83分/カラー/1:1.85 ビスタサイズ
配給:エデン、ポニーキャニオン
公式サイト:http://www.sekaideichiban.com
★2017年2月11日(土・祝)より、109シネマズ二子玉川他全国にて元気にロードショー!


posted by sakiko at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446661111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック