2017年01月29日

虐殺器官(英語題:GENOCIDAL ORGAN)

gyakusatu.jpg

監督・脚本:村瀬修功
原作:伊藤計劃
声の出演:中村悠一(クラヴィス・シェパード)、三上哲(ウィリアムズ)、梶裕貴(アレックス)、石川界人(リーランド)、大塚明夫(ロックウェル大佐)、小林沙苗(ルツィア・シュクロウポヴァ)、櫻井孝宏(ジョン・ポール)

クラヴィス・シェパード大尉はアメリカ情報軍のある部隊で暗殺任務を遂行している。精鋭チームは「感情適応調整」「痛覚マスキング」の医療措置を施され、世界各地で紛争の首謀者を見つけ出しては迅速に排除していた。暗殺対象者リストにたびたび名前があがるのがアメリカの言語学者ジョン・ポール。彼こそが世界中に暗殺の種を巻いている張本人だという。クラヴィスはプラハでの潜入捜査を開始、ジョン・ポールの教え子で恋人とみなされているルツィアに接触する。

2009年に34歳の若さで病没した作家・伊藤計劃(いとうけいかく)が2007年に発表した長編デビュー作の映画化。制作会社の経営破たんにより制作が中断、公開が危ぶまれていましたが、新スタジオが立ち上がりこのほど公開にこぎつけました。
原作はSF愛好者の中でも評判が高くカバー絵も新しくなった文庫版も出ています。まだ原作が読めず、アニメ化された本作しか観ていませんが、10年も前に書かれたのにテロにおびえる現在を透視したかのような内容です。情報収集を徹底することで安全を守ろうとする先進諸国、一方激化する後進国の内戦や虐殺。それを操るジョン・ポールの理論とは?
戦闘場面では身体が吹き飛び、実写なら目をつぶるだろう場面が無駄のないクールな線と抑えた色で描かれます。クラヴィスとジョン・ポール、仲間との会話にウッと詰まるような鋭い真実があり、楔を打ち込まれた思いでした。伊藤計劃原作の映画作品(アニメ)は、2015年に『屍者の帝国』『ハーモニー』が公開されています。(白)


2016年/日本/カラー/115分
配給:東宝映像事業部
(C)Project Itoh/GENOCIDAL ORGAN
http://project-itoh.com/
★2017年2月3日(金)より公開
TOHOシネマズ新宿では3作品一挙上映のオールナイトイベントを予定。詳しくは公式サイトへ
posted by shiraishi at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック