2017年01月22日

ホームレス ニューヨークと寝た男 原題 Homme Less

劇場公開日 2017年1月28日より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか 
全国順次ロードショー

320_R.jpg
(C)2014 Schatzi Productions/Filmhaus Films. All rights reserved


監督トーマス・ビルテンゾーン
製作ボルフガング・ラムル
カロル・マルテスコ=フェンスター
トーマス・ビルテンゾーン
撮影トーマス・ビルテンゾーン
キャスト マーク・レイ

巧みな話術でニューヨークの街ゆくモデルやおしゃれなニューヨーカーに声をかけ、シャッターを切るファッション・フォトグラファーのマーク・レイ。ハンサムなルックスでブランド物の高級スーツを着こなし、ファッションショーやパーティ会場にも出入りしているマークの姿を見ると華やかな生活をしていると思うけど、実はすでに6年も家に住めず雑居ビルの屋上で寝袋で眠る生活を続けている。
モデルや俳優としても活動しているマークだが、厳しい競争にさらされるニューヨークで生き抜く中で、家族や恋人も持たず、ホームレスとして生活するライフスタイルを続けている。そんなマーク・レイに密着したドキュメンタリー。
ファッションモデルでマークの友人でもあるトーマス・ビルテンゾーンが、彼からホームレス生活を打ち明けられたことをきっかけに、業界の事情も含めて、マークのライフスタイルを数年に渡って取り続け映画にした。音楽をクリント・イーストウッドの息子で、ジャズミュージシャンのカイル・イーストウッドが担当している。

0メイン_R.jpg
c 2014 Schatzi Productions/Filmhaus Films. All rights reserved

こんなにかっこ良くてファッショナブルな人がホームレス?と驚いた。
スポーツジムで身体を鍛え、荷物はここのロッカーに収め、身だしなみは公共トイレで整える。そんな生活でも、自由な生活を生み出すことができるということにびっくりした。激しい競争世界が生み出した、厳しい現実。でも、いろいろ工夫はできても、やっぱり不便には違いない。今はよくても、将来的にはやはり部屋でベッドで寝起きできないと苦しいだろう。最後には、彼にも意地があるところが感じられた。人事とは思えず、思わず、工夫の数々をしっかり観ていた(暁)。


製作年2014年
製作国 オーストリア・アメリカ合作
配給 ミモザフィルムズ
上映時間83分
オフィシャルサイト http://homme-less.jp/
posted by akemi at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア・アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446204208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック