2017年01月21日

島々清しゃ(しまじまかいしゃ)

simajima.jpg

監督:新藤風
脚本:磯田健一郎
撮影:山崎裕
音楽:磯田健一郎
出演:伊東蒼(花島うみ)、安藤サクラ(北川祐子)、金城実(花島昌栄)、山田真歩(花島さんご)、渋川清彦(真栄田)

沖縄・慶良間(けらま)諸島に住む小学生の花島うみは耳が良すぎて、ずれた音が聞こえると気持ちが悪い。「ワジワジする」のでいつも耳をふさいでいる。学校では変わり者扱いされ、母親も扱いかねているが、三味線の名手のおじいだけはうみの味方。
東京からバイオリニストの北川祐子がコンサートにやってくる。吹奏楽部の指導をすることになった祐子に促され、うみも参加してみるが生徒たちの演奏がどうしても我慢できない。

新藤兼人監督のお孫さんである新藤風監督の11年ぶりの作品。病床にあった新藤兼人監督のお世話のために中断していたそうです。兼人監督は東京国際映画祭で『一枚のハガキ』(2011年)車椅子で登場されましたが、そのときそばにいらしたのが風監督だったのかな。
うみ役の伊東蒼(いとうあおい)さんは『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)にオダギリジョーの娘役で出演。こちらも幸せ薄いけれども芯の強い子どもの役でした。どんな女優になるのか成長が楽しみです。
安藤サクラさんは初のバイオリニスト役で、特訓した成果を見せています。
映画の冒頭でうみの耳が特別なことを示すエピソードがあります。音感などどこに?な筆者には想像もつきませんが、雑音にあふれている都会ではこういう耳は辛いだけでしょう。慶良間の美しい海、おじい花島昌栄さんの歌と三線(サンシン)に癒されてください。(白)


2016年/日本/カラー/ビスタ/100分
配給:東京テアトル
(C)2016「島々清しゃ」製作委員会
http://www.shimajima-kaisha.com/
★2017年1月21日(土)テアトル新宿ほか全国公開
posted by shiraishi at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック