2017年01月08日

トマトのしずく

tomato.jpg

監督・脚本・製作:榊英雄
撮影:宮川幸三
音楽:榊いずみ
出演:小西真奈美(椿山さくら)、吉沢悠(椿山真)、石橋蓮司(春辰夫)、原日出子(椿山誠子)、柄本時生(小澤)、三浦誠己(春辰夫20年前)、中村優子(春しのぶ)

へアサロンを経営しているさくらと真は、長い交際を経て入籍したばかり。結婚パーティを間近に控えて、さくらの父親のことで言い争いになってしまう。さくらは中学生のときに母親を亡くして以来、父親の辰夫と心がすれ違ってしまっていた。美容学校に進学するため家を出てから疎遠になるばかりで、真や真の母の進言にも頑なに耳を貸さない。心配した真は一度も会ったことのない義父の辰夫に手紙を書く。その手紙を手に辰夫はヘアサロンを訪ねてくるのだが…。

意地っ張りな娘と不器用で気持ちを伝えられない父親は果たして和解することができるでしょうか?というお話。榊監督は監督デビュー作の『ぼくのおばあちゃん』(2008)では、大好きだったおばあちゃん、この『トマトのしずく』では父親への思いをこめています。
歩み寄れない頑固な二人を後押ししたのは、さくらとこれから一緒に生きようと決めた夫の真でした。ほんのちょっとの一歩が当事者には難しいことってあるんですよね。いい旦那様でよかった。
2015年には『木屋町DARUMA』のような男っぽい作品を手がけましたが、実はとっても愛妻家(音楽担当のシンガーソングライター榊いずみさん)で子煩悩なパパ(主題歌タイトルはお嬢さんのお名前)でもあります。心温まる家族の映画ですが、公開が遅れ「お蔵出し映画祭2015」でのグランプリと観客賞の受賞を受け、このほど劇場公開が決まりました。おめでとうございます!(白)


2012年/日本/カラー/ビスタ/91分
配給:アークエンタテインメント
(C)2012ファミリーツリー
http://tomato-shizuku.net/
★2017年1月14日(土)より渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445712644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック