2017年01月07日

疾風スプリンター(原題:破風 To the Fore)

sisso.jpg

監督:ダンテ・ラム
脚本:ダンテ・ラム、ラム・フォン、ハウ・ウィンハン
出演:エディ・ポン(チウ・ミン)、ショーン・ドウ(チウ・ティエン)、チェ・シウォン(チョン・ジウォン)、ワン・ルオダン(ホアン・シーヤオ)

ミンとティエンは自転車ロードレースチーム“レディエント”に、エースのチョン・ジウォンのアシストとして所属することになった。2人の活躍でチョン・ジウォンはエースとして勝利を重ね、ミンとティエンはエースを目指しながら友情を深めていく。レディエントはライバルチーム“ファントム”の妨害にも屈せず勝ち残るが、ついに資金難に陥ってしまう。3人は別のチームに移籍し、それぞれがエースとして対決することになった。

『激戦 ハート・オブ・ファイト』(2013)でも自転車で山道を走って登場したエディ・ポン。今度はプロのロードレーサーとして、鍛えぬいた足腰で最新の自転車を駆り全編走り抜きます。
台湾では『練習曲』(2007)が自転車での「環島」(一周)ブームに火をつけ今も続いています。日本でも高校生の自転車競技を描いた少年コミックの「弱虫ペダル」が大ヒットし、テレビアニメから映画にもなり、劇場版が2年連続で公開されています。自転車愛好者増加に一役も二役もかったのではないでしょうか。
ダンテ・ラム監督の作品は撮影中怪我人が続出する過酷な現場だそうですが、この作品は怪我人のカズで記録を塗り替えたそうです。しかし出演者たちの本気度も見事です。それが存分に発揮されたトップ争いのシーンは、観ているだけのこちらも力が入ってしまいました。ものすごいスピード感に耐えた後、観客も達成感が味わえる作品。第88回アカデミー賞外国語映画賞香港代表作品(受賞は『サウルの息子』でした)。空撮を多用したシーンに台湾の美しい風景も堪能できます。(白)


2015年/香港・中国合作/カラー/シネスコ/125分
配給: エスパース・サロウ
(C)2015 Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved
http://shippu-sprinter.espace-sarou.com/
★2017年1月7日(土)新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
posted by shiraishi at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック