2017年01月07日

人魚姫(原題:美人魚 Mermaid)

ningyo.jpg

監督・脚本・製作:チャウ・シンチー
出演:ダン・チャオ(リウ)、リン・ユン(シャンシャン)、キティ・チャン(ルオラン)、ショウ・ルオ(タコ兄)

底辺からのし上がってきた若き実業家のリウは、ルオランに出資させ香港郊外の美しい自然保護区をまんまと買収する。周辺海域の生物を強力なソナーで追い払い、リゾート地にする計画だった。
この海域には古くから人魚族が住んでおり、今は陸上の人間達の引き起こす環境破壊により海を追われ、難破船の中でひっそりと暮らしている。ソナーで傷つき、外海にも出られず、絶滅の危機に瀕した人魚族は、リーダーのタコ兄の指揮のもと、リウの暗殺計画を立てた。まずは人魚のシャンシャンを人間に仕立てて、リウに接近することに成功した。美人だけれど強引なルオランをはじめとした、周りの女達に飽き飽きしていたリウは、純真なシャンシャンに惹かれていく。何度か暗殺のチャンスがあったものの、どうしてもリウを殺す気になれないシャンシャンも自分の気持ちに戸惑っていた。

シャンシャン役はオーディションで12万人の中からチャウ・シンチーに大抜擢された新人女優リン・ユン。天然な笑顔やしぐさが可愛らしく、これにはリウばかりかたいていの男性がコロリと参りそうです。いつものシンチー監督のギャグが炸裂して中国で大ヒット。彼のギャグはちょいと苦手なのですが、タコ兄のリアルな動きと捨て身の演技には、爆笑してしまいました。演じるショウ・ルオは台湾の歌手でもあります。『西遊記 はじまりのはじまり』 (13)では空虚王子役で出演していました。ダン・チャオと一緒にこれからチェックしなくては。
ロマンスだけではなく環境破壊の問題もさりげなく加えて、笑いながらもチクりとささるところも。シンチー監督はいつも奇想天外な設定で楽しませてくれますが、今回もご本人の登場はありません。いつかまた俳優・チャウ・シンチーを観られる日が来るのを心待ちにしています。(白)


2016年/中国・香港合作/カラー/94分
配給:ツイン
(C) 2016 The Star Overseas Limited
http://www.ningyohime-movie.com/
★2017年1月7日(土)東京・シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445703391
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック