2017年01月07日

愛を歌う花  原題:解語花(ヘオファ)   英題:Love,Lies

aiwo utauhana.jpg

監督:パク・フンシク(『メモリーズ 追憶の剣』『私にも妻がいたらいいのに』  
出演:ハン・ヒョジュ(『ビューティー・インサイド』「トンイ」)、ユ・ヨンソク(『尚衣院−サンイウォン−』『ビューティー・インサイド』)、チョン・ウヒ(『サニー 永遠の仲間たち』)、パク・ソンウン(『新しき世界』『鬼はさまよう』)

日本統治末期の1943年。京城唯一の妓生養成学校で学ぶソユル(ハン・ヒョジュ)とヨニ(チョン・ウヒ)。幼馴染の二人は、共に美声と美貌に恵まれた親友どうし。ソユルは、愛する作曲家ユヌ(ユ・ヨンソク)の作曲した「朝鮮の心」を歌うことで、妓生ではなく歌手になりたいと願う。ところが、ユヌは偶然耳にしたヨニの歌声に魅了され、「朝鮮の心」をヨニに歌わせレコードを出す。そのことを知って激しく嫉妬するソユル。3人の運命が大きく狂い始める・・・

原題『解語花』(直訳「人の言葉を理解する花」)は、美しさと強さ全てを持つ女性という意味。妓生を例える言葉。
大衆歌謡が黄金期を迎えた終戦前夜。“券番”と呼ばれる妓生養成学校に所属する妓生の中から、民衆の心を癒す歌を歌いたいと次々と歌手がデビュー。一方で、日本軍は民族意識を扇動したという理由で大衆歌謡を抑圧したそうです。
そんな時代背景の中で、一人の男性をめぐる二人の女性の思いが描かれていて、切ないです。
純情なイメージの強いハン・ヒョジュが嫉妬に狂うさまも絶品。(咲)


2016年/韓国/120分/カラー/ビスタ/5.1ch
配給:クロックワークス
公式サイト:http://aiuta-movie.com
★2017年1月7日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかロードショー
posted by sakiko at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック