2017年01月07日

ブラック・ファイル 野心の代償  原題:Misconduct

black file.jpg

監督:シンタロウ・シモサワ
出演:ジョシュ・デュアメル、アンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、アリス・イヴ、マリン・アッカーマン、イ・ビョンホン

ベン・ケイヒル(ジョシュ・デュアメル)はニューオーリンズにある一流弁護士事務所に勤める若き弁護士。巨大製薬会社ピアソンが新薬の治験結果捏造により巨額の富を得ていることを暴こうと燃えている。流産を機に夫婦仲が冷え切っている中、元恋人エミリー・ハインズ(マリン・アッカーマン)からSNSに友達リクエストが届く。10年ぶりに再会したベンは、エミリーがピアソンのCEOアーサー・デニング(アンソニー・ホプキンス)の愛人と知る。エミリーから機密の臨床ファイルを入手し、弁護士事務所代表チャールズ・エイブラムス(アル・パチーノ)に、ピアソンに対する訴訟を起こすよう持ちかける。
訴訟準備を進める中、ベンはバイクに乗った謎の男(イ・ビョンホン)に襲われ、手を引かなければ妻シャーロット(アリス・イヴ)に危害を加えると脅迫される・・・

「トランスフォーマー」シリーズのジョシュ・デュアメルを主役に据え、アンソニー・ホプキンスとアル・パチーノというハリウッドの大物俳優共演で本作を撮ったのは、日系二世のシンタロウ・シモサワ監督。謎の殺し屋イ・ビョンホンも出番は少ないながら、強烈な印象を残します。
新薬開発過程での薬害については、韓国映画『フィッシュマンの涙』(2016年12月17日(土)公開)でもテーマになっていて、表沙汰にならない薬害はきっと多くあることと思いました。(咲)


2015年/アメリカ/106分/シネスコ
配給:松竹メディア事業部
公式サイト:http://blackfile.jp
★2017年1月7日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
posted by sakiko at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445669581
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック