2016年12月25日

MERU/メルー 原題 Meru

sMERU/メルー ポスターデータ_R.jpg
(c) 2015 Meru Films LLC All Rights Reserved.


2016年12月31日(土)大晦日より公開決定!

サンダンス映画祭2015で 「観客賞」を受賞したノンフィクションの決定版
ヒマラヤ・メルー峰シャークスフィンに挑んだ男たちの、壮大かつ瞑想的な登頂記録

監督・撮影 ジミー・チン エリザベス・C・バサヒリィ 
出演
コンラッド・アンカー
ジミー・チン
レナン・オズターク

ヒマラヤ山脈メルー中央峰にそびえる岩壁“シャークスフィン”は、多くのトップクライマーを拒絶してきたヒマラヤの世界最難ルート、「シャークスフィン」に、取り憑かれたように挑み続けるコンラッド・アンカー、ジミー・チン、そしてレナン・オズターク。
この難攻不落の直登ダイレクトルートに挑んで敗れた3人の一流クライマーたちが、難関を乗り越え、ビッグウォール・クライミングに立ち向かっていく姿を描いた、壮大なスケールの山岳ヒューマン・ドキュメンタリー。
過去30年間、一人の成功者も出していない、もっとも困難な直登ルート。手ごわい難所が連なるこの6,500メートルの峻峰は、百戦錬磨のクライマーにとっても悪夢でしかなく、だからこそ挑戦意欲をかき立てる。90キロの登攀具や食料の入った荷物を背負いながら、雪と氷と岩に覆われた1,200メートルのテクニカルな山肌を登攀することは、チャレンジの入口でしかない。真のシャークスフィンが姿を見せるのはその先。それはクラックや足場がほとんど存在しない、垂直にそびえる花コウ岩。450メートルに及ぶ文字通りの“壁”だ。ベストセラーとなった『空へ―悪夢のエヴェレスト』の著者ジョン・クラカワーは言う。「メルーを制するにはアイスクライミングが巧いだけでは駄目だ。高度に強いだけでもダメ、ロッククライミングの技術だけでも足りない。これまで多くの優秀なクライマーたちがその壁に挑み、敗れてきた。それは今後も変わらない。メルーはエヴェレストとは違う。シェルパを雇ってリスクを人任せにはできない。まったく別次元のクライミングなんだ」。

ジミー・チンのことは「クライマーとして世界中のトップクライマーたちとの遠征をこなす一方で、世界のトップアスリートのブレイクスルーとなる挑戦の撮影も多く実現してきた。チベット、チャン・タン高原のトラバース、カラコルム峰の初登頂、ヒマラヤの初の初滑降などで一躍世界的に有名なカメラマンとなる。エベレスト山を頂上からスキーで滑降した数少ないスキーヤーの一人でもある」と、紹介されていたのですが、山岳映画を多く紹介してきた私ですが、彼のことを全然知りませんでした。それにしても、登山技術もすばらしいし、さらにカメラもこなすというのはすごい!! 人間技とは思えない。(暁)


2015年/アメリカ/上映時間91分
配給 ピクチャーズデプト
オフィシャルサイト http://meru-movie.jp/
2016年12月31日(土)
新宿ピカデリー / 丸の内ピカデリー / 109シネマズ二子玉川ほか全国順次公開!
posted by akemi at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック