2016年12月18日

バイオハザード ザ・ファイナル(原題:Resident Evil: The Final Chapter)

bio.jpg

監督・脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:グレン・マクファーソン
音楽:ポール・ハスリンジャー
出演:ミラ・ジョヴォビッチ(アリス)、アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)、ショーン・ロバーツ、ルビー・ローズ、オーエン・マッケン

長い闘いの末、いまや地球の人類の大半がアンデッド(ゾンビ)と化してしまった。人類が滅亡するまであといくらも残されていないのではないか。アリスはこの悪夢の始まりとなったラクーンシティのハイブに戻る。そこでは全ての元凶である巨大企業アンブレラ社がアリスとの最終対決に全勢力を結集していた。

日本の人気ゲーム「バイオハザード」から生まれたアクション+ホラー+サバイバル映画。2002年にスタートしたこのシリーズがついに完結しました。第1作から最強のヒロインのアリスを勤めてきたミラ・ジョヴォビッチは毎回の激しいアクションシーンをほとんど自ら演じてきたそうですが、6作目になる今回のファイナルも激しいアクションのつるべ打ち。戦闘服はボロボロ、肌が見えて(ヒロインは見せなければならないのでしょう)傷だらけです。それにしても強い!美しい!しかもアリス本人の真実が初めて明らかになります。これはもうみんな映画館に行くしかありませんよね。公開以来、ランキングのトップにあるのも納得。(白)

2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/107分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
http://www.biohazard6.jp/
★2016年12月23日(金・祝)世界最速公開!
posted by shiraishi at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445034149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック