2016年11月27日

ヒッチコック/トリュフォー   原題:Hitchcock/Truffaut

hitchcock truffaut.jpg

監督:ケント・ジョーンズ
出演:マーティン・スコセッシ、ウェス・アンダーソン、デビッド・フィンチャー、オリヴィエ・アサイヤス、ピーター・ボグダノヴィッチ、アルノー・デプレシャン、ジェームズ・グレイ、黒沢 清、リチャード・リンクレイター、ポール・シュレイダー、ボブ・バラバン(ナレーター)

1962年、フランソワ・トリュフォー監督が『突然炎のごとく』の宣伝でニューヨークを訪れた折、ある批評家に「影響を受けた監督はヒッチコック」と答えた際に冷ややかな反応をされる。敬愛する巨匠に正当な評価をと決意した瞬間だった。トリフォーはヒッチコックに長い手紙を書いてインタビューを申し入れる。
ヒッチコックの63歳の誕生日の日から1週間、通訳ヘレン・スコットの手助けを得て50時間におよぶインタビューを敢行。1作ごとにテクニックと映画理論を紐解く解説。
4年後の1966年、「映画術 ヒッチコック/トリュフォー」がフランスとアメリカで同時出版される。ヒッチコックを真の映画作家として世界に認識させることになった伝説の映画本である。
本作は、この映画本誕生を巡るドキュメンタリー。ヒッチコックを敬愛するマーティン・スコセッシ、黒沢清など10人の監督たちにも取材。トリフォーが試みたヒッチコックの映画術の解明を、また別の視点で紐解いている。

ヒッチコックといえば、映像美溢れるサスペンスの巨匠。今や、その評価は定着しているけれど、本作を観て、ヒッチコックがハリウッドに呼ばれてイギリスから渡ってきて、数々の名作を作り出したにもかかわらず、それほど評価されていなかったことを知りました。
ヒッチコックは、トリフォーからの手紙に涙したそうです。なにしろ「インタビュー本出版の暁には、あなたが世界中で最も偉大な監督であると、誰もが認めることになるでしょう」と書かれていたのですから。
本作には、1962年当時のヒッチコックとトリフォーの二人の貴重な会話も出てきます。子どものころ、ヒッチコック劇場でよく見ていた太っちょのおじさまを懐かしく思い出しました。ヒッチコック作品の名場面の数々も出てきて、嬉しい1作です。(咲)


2015年/アメリカ=フランス/80分/英語、仏語、日本語/カラー&モノクロ/ビスタサイズ/5.1ch
配給:ロングライド
公式サイト:http://hitchcocktruffaut-movie.com/
★2016年12月10日(土)新宿シネマカリテほか 全国順次公開.

posted by sakiko at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック