2016年11月27日

疾風ロンド

sippu.jpg

監督:吉田照幸
原作:東野圭吾
脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸
撮影:佐光朗
音楽:三澤康広
出演:阿部寛(栗林和幸)、大倉忠義(根津昇平)、大島優子(瀬利千晶)、ムロツヨシ(ワダハルオ)、堀内敬子(折口真奈美)、戸次重幸(葛原克也)、濱田龍臣(栗林秀人)、でんでん(山野)、柄本明(東郷雅臣)

大学の研究室から違法な生物兵器「K-55」が盗まれた。研究所所長に「身代金3億円を用意しろ」と脅迫メールが届く。慌てふためく所長はしがない研究主任の栗林を呼び、警察に知られないように「K-55」を探し出せと無茶な命令をする。何の手掛かりもない上、警察にも届けられない密命に困り果てているところへ、元所員の男が事故死したとの一報が入った。研究所から「K-55」を盗み出した犯人はそいつだった…が、すでに死亡。遺品を受け取った栗林は犯人のパソコンに残っていた画像から、生物兵器の隠し場所のヒントを見つけた。日本最大級というスキー場のどこかにあるらしい。運動能力皆無の栗林は真相を明かせないまま、中学生の息子・秀人を誘ってスキー場へと向かう。

すごい形相の阿部さんのチラシ画像です。スキーができないのに、ゲレンデに出る恐ろしさが迫ってきますね。阿部さんはカッコいいとカッコ悪い役、どちらもOKな人ですが、今回はほんとーに活躍の場がありません。それにひきかえ元プロスノーボーダーの千晶役の大島優子さんは、スノーボードを始めたのは9歳のときとか。かっこいい滑りをふんだんに見せています。関ジャニ∞の大倉忠義さんは初スノーモービル。
犯人が死んでしまったため、わずかな手がかりにすがって生物兵器を探すサスペンスかと思いきや、方向が二転三転するドラマでもあり、笑えてほろっとさせる親子の情もからませてあります。
NHK人気番組「サラリーマンNEO」「あまちゃん」の演出で知られる吉田照幸監督だけあって、いろんなところに「あれ!?」という俳優さんが仕込まれていて、映画が豊かになっていました。(白)


DSCF6142 sippuu.JPG
6月に行われたクランクアップ会見。阿部寛さんが野沢温泉にロケ入りする前まで雪がなかったのに、阿部さんが雪を呼び大雪に。「野沢温泉はエヴェレストより寒かった」と阿部さん。ロケ中も皆を笑わせていた様子が伝わってくる会見でした。映画を観てみたら、そんななごやかな雰囲気はなくて、さすが、皆さん役者!(咲)

2016年/日本/カラー/ビスタ/109分
配給:東映
(C)2016「疾風ロンド」製作委員会
http://www.shippu-rondo-movie.jp/
★2016年11月26日(土)ロードショー
posted by shiraishi at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック