2016年11月06日

追憶(2015)

追憶メインビジュアル_R.jpg
(c) 2015「追憶」製作委員会


製作:奥山和由
監督:小栗謙一
キャスト 土田喜代一  升本喜年
語り:美輪明宏
ピアノ:小林研一郎
原案:升本喜年「愛の手紙」〜ペリリュー島玉砕〜中川州男の生涯(熊本日日新聞社刊)

南太平洋に浮かぶパラオ諸島の美しい小島ペリリュー島。この美しい島でかつて大激戦があった。太平洋戦争中の1944年9月、アメリカ軍の攻撃が始まり、70日に及ぶ激戦が繰り広げられ、日米合わせて1万人を超す方が亡くなった。
余りにも苛烈な戦いだったが故に、日米双方で語られる事がなくなった戦いを生き抜いた方の証言や、残された手紙、写真、映像など様々な資料から描く。
NHK、自衛隊に残る貴重な資料、米国防総省、米海兵隊歴史部、米国立公文書館に保存されている膨大な映像により、ペリリュー島の戦いが描き出される。ペリリュー島の戦いで生き残った元日本兵の墓参に同行し、兵士が眠る墓地も映し出される。また、アメリカ軍の元海兵隊兵士や、島民へのインタビューなどからも戦いの様子が浮かび上がってくる。指揮官、兵士、民間人、立場の違う人が何を思ったかという視点から、70日間に及ぶ、日米に甚大な惨劇を生んだ戦場の島を見つめる。爆撃で禿山になった島、かつて血に染まった島は美しい姿を取り戻したが、弾薬庫、戦車、司令部跡、島の至る所に戦争の痕跡が残る。
パラオ共和国は日本の委任統治の下に置かれ、多くの日本人が移住、1935年頃には島民の数より多い5万人を超える日本人が住んでいた。米軍が島に迫って来た時、日本軍は戦闘が始まる前に島民をパラオ本島へと避難させ、島の民間人の死傷者は出ていないという。パラオ共和国が親日なのは、こういった背景があるかららしい。

監督は、『日本鬼子 日中15年戦争・元皇軍兵士の告白』、知的障害者がスポーツを通じ社会参加を目指すスペシャルオリンピックスを題材にした『able/エイブル』『ホストタウン エイブル2』『Believe』など、社会問題を提言するドキュメンタリー作品を多く手掛ける小栗謙一。美輪明宏がナレーションを担当している。

追憶サブ1_R.jpg
(c) 2015「追憶」製作委員会


太平洋戦争中の激戦地ペリリュー島の名前は聞いたことがあったけど、島の植物がなくなるほどの爆撃の映像が流される。あまりの激しさに驚いた。あんなに小さな島で1万人を越える戦死者があったなんて。それにもまして、その爆撃の中、洞窟などがたくさんある島では、そこに隠れていた日本兵の生存者がいたということにも驚いた。今の緑深い島の姿からは信じられないほどの戦争中の裸同然になった島の姿に、ほんとうの戦争の怖さが伝わってきた。小栗監督の作品は知られざる事実を白日の下にあぶりだしてくれる。戦争を経験している人がどんどん亡くなっている中、ぜひ、これからも私たちに警鐘を与えてくれる作品を作っていってほしい。(暁)

11月5日(土)より東京都写真美術館ホールにてロードショー/Denkikan 、千葉劇場ほか全国順次公開
日本/2015年/76分/DCP/5.1ch
公式HP http://www.tsuiokutegami.net/
企画制作プロダクション:チームオクヤマ 制作:KATSU-do
配給:太秦
製作:吉本興業
posted by akemi at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック