2016年11月05日

種まく旅人 夢のつぎ木

tanemaku.jpg

監督:佐々部清
脚本:安倍照雄
撮影:阪本善尚
音楽:田中拓人
出演:高梨臨(片岡彩音)、斎藤工(木村治)、池内博之(片岡悠斗)、津田寛治(岩渕源太郎)、吉沢悠(森川卓治)、田中麗奈(森川みのり)、井上順(高橋浩一)、海老瀬はな(片岡美咲)、安倍萌生(片岡知紗)

彩音は故郷の岡山県赤磐市から、女優になることを夢見て上京した。しかし、彩音を応援して桃農家の実家を守っていた兄が病に倒れ、夢半ばで故郷に戻ることになった。兄亡きあとは高校生の妹と二人暮らし。市役所で働きながら、兄の夢だった新種の桃「赤磐の夢」を品種登録したいと頑張っている。ある日、農林水産省の職員木村が桃のレポートを書きたいと訪れ、彩音が案内役となった。初めは木村の言動を不快に思う彩音だったが、何日かつきあううちに真剣な一面も見えてきた。

日本の第一次産業で働く人を応援する「種まく旅人」シリーズ第三弾。毎回携わる方のご苦労がしのばれ、作物を大切にいただく気持ちになります。
今回は桃の産地で市役所勤めをしながら、桃を育てている彩音と彼女を取り巻く人々のお話。若き官僚として働くうちに、目標を失いかけていた木村が、霞ヶ関を出て実際の農業に触れて最初の情熱を取り戻していく過程はありがちですが、演じる俳優さんが魅力的です。斎藤工さんが出ていても不倫はありませんので期待しないように。ひとつ気になる箇所がありました。帰る足がなくなった木村が彩音の家に一泊する場面があります。姉妹二人の家に泊まるとなると、木村はどこに寝るでしょう?普通それはないでしょ、なところだったので、もしかして別の展開のパターンがあったのか?と邪推してしまったのでありました。ぜひ劇場でお確かめを。(白)


2016年/日本/カラー/ビスタ/106分
配給:アークエンタテインメント
(C)2016「種まく旅人」製作委員会
http://tanemaku.jp/
★2016年11月5日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック