2016年10月23日

彷徨える河   原題:El abrazo de la serpiente  英題:EMBRACE OF THE SERPENT

samayoeru kawa.jpg

監督・脚本:シーロ・ゲーラ
出演:ヤン・ベイヴート、ブリオン・デイビス、アントニオ・ボリバル・サルバドール、ニルビオ・トーレス
アマゾン流域の奥深いジャングルの侵略者によって滅ぼされた先住民族の村。シャーマンのカラマカテは、唯一の生き残りとして孤独に生きている。ある日、重い病に侵されたドイツ人民族誌学者がカラマカテを頼ってやってくる。白人を嫌うカラマカテは治療を拒否するが、ようやく病を治す幻の聖なる植物ヤクルナを探しにカヌーを漕ぎ出す。
数十年後、ヤクルナを求めてアメリカ人植物学者がカラマカテを訪ねてくる。孤独に過ごしてきた彼は記憶や感情を失っていたが、アメリカ人の訪問によって再び旅に出る・・・

本作は、20世紀初頭と中盤にアマゾンに足を踏み入れた実在する2人の白人探検家の手記に触発されて作られた物語。
アマゾン先住民の生き残りで呪術をあやつるカラマカテの元を、異なる時代に訪れた二人の探検家。美しく詩情溢れる映像で二つの時代を交錯させながら描かれている物語。観ていて私自身が呪術にかかったような気分になりました。
「西洋文明」が、ずたずたにしてしまったアマゾンの伝統文化。何が文明なのかを考えさせられました。(咲)


コロンビア初のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品
2015年/コロンビア・ベネズエラ・アルゼンチン/B&W+color/2.35:1/124分
配給:トレノバ / ディレクターズ・ユニブ
後援:コロンビア共和国大使館
公式サイト:http://www.samayoerukawa.com/
★2016年10月29日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー


posted by sakiko at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 南米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック