2016年10月23日

ザ・ギフト(原題:The Gift)

the gift.jpg

監督:脚本:ジョエル・エドガートン
撮影:エドゥアルド・グラウ
出演:ジェイソン・ベイトマン(サイモン)、レベッカ・ホール(ロビン)、ジョエル・エドガートン(ゴード)

サイモンとロビン夫婦は、シカゴからサイモンの故郷のカリフォルニアに移った。郊外の一軒家で愛犬と新しい生活をスタートさせる。夫婦で買い物に出た先で、こちらを見つめていた男に声をかけられる。20年以上前高校で一緒だったゴードと名乗るが、サイモンにははっきりした記憶はなかった。ゴードは再会を喜び、ワインを贈ってきた。その後も次々と理由をつけては新居に立ち寄り、ギフトを届けてくる。真意を測りかねてサイモンは困惑し、ロビンは無下にもできず対応するのだったが…。

俳優ジョエル・エドガートンの長編初監督作品。ジョニー・デップがギャング役だった『ブラック・スキャンダル』のFBI捜査官。22日公開なったばかりの『ジェーン』では、ナタリー・ポートマンの元カレ役の人です。人妻となった元恋人に頼られて、命がけで夫婦を助ける男気のあるカウボーイ。
うってかわってこの作品では、再会した同級生に執拗にギフトを送り付ける不気味な人物。なぜそんな真似をするかは徐々に明らかになりますが、その過程が怖い。
気になるのは、郊外の一軒家なのに大きなガラス窓ばかりで、カーテンもひいていないこと。外から覗かれたり、侵入されたりの心配はないの?洋画にはカーテンのない素通しの窓がよく出てくるんです。
手前に夫婦、奥にゴードというシーンが多く、室内から明るい窓を見ると、ゴードが中をうかがっていてドッキリします。そのためのカーテンなしの演出かも。初の監督・脚本・製作なのに、きちっとまとめられたサスペンス作品になっていました。(白)


2015年/アメリカ/カラー/シネスコ/108分
配給:ロングライド、バップ
(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.
http://movie-thegift.com/
★2016年10月28日(金)TOHOシネマズ新宿ほか全国公開
posted by shiraishi at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック