2016年10月16日

奇蹟がくれた数式   原題:The Man Who Knew Infinity

kiseki suusiki.jpg

監督:マシュー・ブラウン
主演:デヴ・パテル(『スラムドッグ$ミリオネア』)、ジェレミー・アイアンズ、デヴィカ・ビセ、トビー・ジョーンズ、ドリティマン・チャタージー、アルンダティ・ナグ

1920年、32歳の若さでこの世を去ったインドの天才数学者ラマヌジャンの物語。
英国植民地時代のインド。大学を出ていないことから、インドの数学者たちに受け入れてもらえないラマヌジャン。研究成果をイギリス、ケンブリッジ大学に送る。才能に驚いた数学者ハーディ教授は、ラマヌジャンをイギリスに招聘する。母親は遠い異国に行くことを反対するが、新婚の妻に、すぐに呼び寄せると言い残してイギリスに旅立つ。1914年のことだ。
ハーディ教授の後押しで、研究の一つをロンドンの数学会の会報に発表し、歓喜するラマヌジャン。だが、ハーディ教授も彼の才能を認めながらも、彼の”直感“は否定する。
やがて、第一次世界大戦に英国が参戦したことが、ラマヌジャンの運命に影を落とす・・・

インドといえば、ゼロを発見した国。そして、二桁の掛け算を小さい頃から暗記している国。そんなインドで、数学者ラマヌジャンは、誰もがその名を知る有名人。ラマヌジャンの考え方は、いまだに世界の数学者たちに影響を与えているそうです。例えば、コンピューターのセキュリティに用いられる数学の分野にも応用されているのだとか。
天才数学魔術師と呼ばれるほどのラマヌジャンですが、戦争で野菜不足となったことが、菜食主義者の彼には打撃だったようです。愛妻をすぐに呼び寄せることができなかったことも、命を縮めたのではないでしょうか。
権威主義がはびこる中で、自身の研究成果をなんとか認めてもらおうとするラマヌジャンの姿に、なにごとも諦めてはいけないと勇気づけられました。(咲)


2016年/イギリス/英語/108分/スコープ/5.1ch
配給:KADOKAWA
公式サイト:http://kiseki-sushiki.jp
★2016年10月22日(土)より角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿他全国ロードショー


posted by sakiko at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック