2016年10月09日

GANTZ:O

gants.jpg

総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
原作:奥浩哉
脚本:黒岩勉
音楽:池頼広
声の出演:小野大輔(加藤勝)、M・A・O(山咲杏)、郭智博(西丈一郎)、早見沙織(レイカ)、池田秀一(鈴木良一)

小学生の弟と二人暮らしの高校生加藤勝は、帰宅途中の地下鉄駅で事件に巻き込まれて死亡した…はずだったが、なぜか見知らぬ部屋の一室で目が覚める。そこには黒い球体と、黒いバトルスーツに身を固めた男女がいた。鈴木と名乗る中年の男の説明では、ここにいるのは死んだ者ばかり。球体は“ガンツ”と呼ばれていて、その表面に果たさなければならないミッションの文字が現れるので、みんなでそれをクリアするのだという。事態が少しも呑み込めない加藤は、一人残した弟が心配でならない。加藤たちのグループは大阪に転送され、いくらでも湧き出てくる日本の妖怪たちと戦うことになった。

ヤングジャンプ誌に連載されていた青年コミックが原作。大人気でテレビアニメ、実写版の映画も作られたそうですが、いずれも見ていなくて、試写で初体験。いやぁびっくりしました〜〜!!
男子高校生が、突如荒唐無稽な世界に放り込まれ、異形の敵との戦いを強いられるストーリー。本作は連載の中でも好評だった大阪篇を中心に描いています。コミックでは毎回違う敵とのバトルがありますが、ここで戦うのは日本の妖怪。すごく細かく描きこまれて気持ち悪いのなんの。しかし胸を熱くするチームプレイもあり、男の子の好きなボインのお姉さんも可愛い女の子も出てきて、見どころ満載です。
これはコミック(HPから試し読みができます)と佐藤信介監督の実写版『GANTZ』(2010)『GANTZ: PERFECT ANSWER』(2011)も観てみなくては。
英語吹き替え版が東京国際映画祭で一夜限りの上映!ヒロイン山咲杏役は河北麻友子が声を当てるそうです。(白)

2016年/日本/カラー//96分
配給: 東宝映像事業部
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
http://gantzo.jp/
★2016年10月14日(金)よりロードショー! 劇場によりMX4D、4DX上映あり
posted by shiraishi at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック