2016年09月24日

メカニック ワールドミッション(原題:Mechanic: Resurrection)

meka.jpg

監督:デニス・ガンゼル
脚本:フィリップ・シェルビー
出演:ジェイソン・ステイサム(アーサー・ビショップ)、ジェシカ・アルバ(ジーナ)、トミー・リー・ジョーンズ(マックス・アダムス)、ミシェル・ヨー(メイ)、サム・ヘイゼルダイン(クレイン)

元殺し屋のビショップは正確無比な仕事ぶりから“メカニック”と呼ばれていた。今は足を洗って身元を隠し、リオデジャネイロで穏やかに暮らしていた。ある日、子どもの頃いっしょに育てられたクレインという因縁の男から仕事の依頼が来る。クレインの追っ手をまいてタイに身を隠していたが、たまたま出くわした罪もない女性を人質に取られ、やむをえず依頼を受けることになってしまった。暗殺のターゲットは3人。いずれも武器商人として裏世界を牛耳る大物たちだった。

『メカニック』(2011/サイモン・ウェスト監督)から間があきましたが、待望の2作目です。前作でもその手際の良さに驚きました。紹介記事はこちら。今回も変わらず。整理整頓が苦手、段取りの悪い筆者には神業のように見えます。
ビショップが仕事をする上のルールは3つ、「一切の痕跡を残さない、100%事故死に見せる、誰とも組まない」。今回は3人がターゲットですが、セキュリティが半端なく高い相手ばかり。『ミッション:インポッシブル』かと思うような難題をこなしていきます。ジェイソン・ステイサムは全然年取っていないような気がしますが、もうすぐ50歳になるのでした。ミシェル・ヨーが顔を見せているのに、アクションは封印でちょっと残念。その分ジェシカ・アルバがお飾りでなく頑張っています。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/99分
配給:ショウゲート
(C)ME2 Productions, Inc. 2016
http://mechanic-movie.com/
★2016年9月24日(土)より新宿バルト9他全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック