2016年09月24日

ハドソン川の奇跡   英題:SULLY

hadoson.jpg

監督:クリント・イーストウッド
出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー

2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せたUSエアウェイズ1549便がニューヨークのラガーディア空港を飛び立って程なく、高度850mの地点で鳥の群れに襲われ、両方のエンジンが停止してしまう。
管制室から近くの空港に着陸するよう指示があるが、機長のチェズレイ・サレンバーガー(愛称サリー)は、とっさの判断でハドソン川への不時着を決行する。水面に無事不時着し、乗客乗員全員生存の偉業を成し遂げる。それは、「ハドソン川の奇跡」として、機長サリーは一躍英雄として称賛されるはずだった。ところが、事故調査委員会は、ハドソン川への不時着以外の選択肢はなかったのか?と、機長と副操縦士の二人を執拗に追及する・・・

事故発生から、わずか208秒の間に判断し、無事ハドソン川に不時着させた機長サリー。その咄嗟の判断の背景には、彼のこれまでの長年の経験があるからにほかならない。
管制官の指示通りに空港への着陸を試みたら、もしかしたら、マンハッタンのビルに被害を与えることになったかもしれない。
全員生存しているのに、どうしてここまで攻め立てるのか・・・
中でも、調査官の「家庭で問題はなかったか?」との問いにはムッとさせられた。
事故が起こったのは、鳥に襲われたからで、不可抗力なのに!
クリント・イーストウッドが、このテーマを映画にしたのは、「正義」とは何かを描きたかったからなのかと感じた。

撮影にあたっては、極寒のハドソン川で実際に救助にあたった人たちに、当時どのように行動したかを再現してもらったという。
映画の最後に、機長サリーを囲んで、無事帰還した乗客の人たちが集う姿が出てくる。
サリーご本人は、笑顔が素敵な温和な面持ちの方。決して自分が英雄だなどとは思うタイプじゃなくて、そこがまた魅力。(咲)


2016年/アメリカ/96分/スコープサイズ(IMAX版はビスタサイズに拡大/2D、IMAX2D/ドルビーサラウンド7.1+ドルビ・アトモス(一部劇場のみ)
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://www.hudson-kiseki.jp
★2016年9月24日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開
posted by sakiko at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック