2016年09月11日

BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(原題:The BFG)

bfg.jpg

監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:ロアルド・ダール「オ・ヤサシ巨人BFG」(評論社刊)
脚本:メリッサ・マシスン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:マーク・ライランス(BFG)、ルビー・バーンヒル(ソフィー)

ロンドンの孤児院で暮らすソフィー、好奇心旺盛で活発な彼女は決まり事だらけの生活にうんざりしていた。真夜中にこっそり本を読んでいると、通りに現れた大きな影が部屋の窓から手を入れ、ソフィーは毛布ごとつかみ出されてしまう。大きな影は見たこともない大きな巨人だった!
落ちないように必死でしがみついていたソフィーが連れていかれたのは、巨人の国。彼はBFG(=ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)、子どもに“夢”を送り届ける心優しい巨人だった。ソフィーは時々へんてこな言葉遣いをするBFGとすっかり仲良くなるが、この国にはBFGよりもっと大きくて凶暴な巨人たちが住んでいた。

スティーブン・スピルバーグ監督が『E.T.』のスタッフを再結集。ディズニーとの初のコラボで、ロアルド・ダールの原作をもとに心温まる物語を贈ってくれました。独りぼっちの少女ソフィーと優しすぎる巨人のBFGが心を通わせ、凶暴な巨人たちから世界中の子どもを救うために助け合います。パフォーマンスキャプチャーにより、マーク・ライランスの動きや表情を取り入れたBFGと、オーディションで抜擢された新人の子役ルビー・バーンヒル演じる10歳のソフィーの息もぴったり。二人が大きな巨人を倒すためにどんな冒険をするのでしょうか?美しい色彩と迫力ある動きの作品を堪能するために、ぜひぜひ大きな画面でご覧ください。
これを機会に、イギリス児童文学界の巨匠ロアルド・ダールの作品を久しぶりに読み直してみました。とっても懐かしくて面白かった!!今年生誕100年なんだそうです。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/118分
配給:ディズニー
(C)2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
http://www.disney.co.jp/movie/bfg.html
★ 2016年9月17日(土)公開
posted by shiraishi at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック