2016年09月11日

ジャニス リトル・ガール・ブルー(原題:Janis: Little Girl Blue)

janis.jpg

監督・製作・脚本:エイミー・バーグ
撮影:パウラ・ウイドブロ
音楽:ジョエル・シアラー
ナレーション:キャット・パワー
出演:サム・アンドリュー、ピーター・アルビン、デイブ・ゲッツ、クリス・クリストファーソン、カントリー・ジョー・マクドナルド

1970年10月4日、27歳の若さで急逝してしまったジャニス・ジョプリン。その魂と歌唱力は後続の歌手たちに大きな影響を与えた。テキサスで生まれ育った少女時代、大学に進学して音楽活動を始め、サンフランシスコと故郷を行き来した青春時代。バンドに参加、ボーカリストとして活躍、アルバムもヒットする。1969年には初のソロ・アルバムを発表、ウッドストック・フェスティバルに参加する。1970年、新作の完成前にロサンゼルスのホテルでアルコールとヘロインの過剰摂取で死亡。
遺された映像、遺族の協力により開封された手紙、取材に応じた人々が明かす思い出などから、彼女の素顔に迫る。

遺された写真や活躍ぶりから、亡くなったのはもっと年齢がいってからだと思っていました。まだ20代だったとは。先に公開された『AMY エイミー』のエイミー・ワインハウスも20代での急逝。多くのアーティストが飲酒とドラッグで蝕まれていたかと思うと、なんとかできなかったのかとその才能と短い人生が惜しくてなりません。パワフルな彼女たちの歌に励まされた同世代の女性も多いはずです。
この作品の中で高校の同窓会に参加した映像があり、当時激しいいじめを受けた彼女がよく出席する気になったこと、と観ていましたが、テレビ局の企画だったそうです。すでにレコードもヒットして有名であったにも関わらず、旧友たちの反応があまりにも冷たく愕然としました。本人はいかばかり…。それもこれも歌につぎ込んで駆け抜けていってしまったジャニスに黙とう。(白)


2015年/アメリカ/カラー/103分
配給:ザジフィルムズ
(C)2015 by JANIS PRODUCTIONS LLC & THIRTEEN PRODUCTIONS LLC. All rights reserved.
http://janis-movie.com/
★ 2016年9月10日(土)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック