2016年09月11日

みかんの丘  原題:Mandarinebi

mikanno oka.jpg

監督・脚本:ザザ・ウルシャゼ
キャスト:
イヴォ:レムビット・ウルフサク
マルガス:エルモ・ニュガネン
アハメド:ギオルギ・ナカシゼ
ニカ:ミヘイル・メスヒ
ユハン:ライヴォ・トラス

ジョージア(グルジア)の西部にあるアブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージアからの独立を求めるアブハジアとの間に紛争が勃発し、多くの人はエストニアに帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは本当の理由を語らない。
ある日、戦闘で傷ついた二人の兵士をイヴォは自宅に匿うことになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵アハメド、もうひとりはジョージア兵ニカ。敵同士の二人は殺意に燃えるが、イヴォは家の中では戦わないことを約束させる。数日後、アブハジアを支援するロシアの小隊がやってくる・・・

2015年のEUフィルムデーズで『タンジェリン』の題で上映された作品。

エストニア人がアブハジアに移住してきて、開墾し集落を築いたのは、19世紀後半のロシア帝政時代とのこと。イヴォやマルガスにとって、エストニアは先祖の故郷で、自分たちにとってはアブハジアが生まれた地。そこをめぐる戦いに、さまざまな民族がかかわっている。
時代は、同時期に公開される『とうもろこしの島』と同じく、1992年頃。
どちらも、戦争の虚しさがぐさりと胸にささる。なぜ、人は戦うのか・・・ 大きな力に戦わされていることに気づいて、末端で戦う人がまず戦うことをやめることができればと思う。(咲)


2013年/エストニア・ジョージア合作/87分/カラー/ロシア語・エストニア語/シネスコ
配給:ハーク
後援:在京エストニア共和国大使館 在日ジョージア大使館
『とうもろこしの島』『みかんの丘』2作品共通公式サイト
http://www.mikan-toumorokoshi.info/
★2016年9月17日(土)より11月11日(金)まで岩波ホールにて 全国順次公開



posted by sakiko at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | グルジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック