2016年08月21日

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争  原題:LITTLE BOY

little boy.jpg

監督:アレハンドロ・モンテヴェルデ
脚本:アレハンドロ・モンテヴェルデ ペペ・ポーティーロ
出演:ジェイコブ・サルヴァーティ、エミリー・ワトソン、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、マイケル・ラパポート、デヴィッド・ヘンリー、エドゥアルド・ヴェラステーギ、ベン・チャップリン、トム・ウィルキンソン

第二次世界大戦下のアメリカ、カリフォルニア州の小さな漁村。少年ペッパーは8歳なのに、99cmしかなくてリトル・ボーイといじめられていた。唯一の友達は父ジェームズ。ところが、兄ロンドンが偏平足のため徴兵検査に落ち、父が徴兵されてしまう。しょげているペッパーを兄は父が大好きだった奇術師のショーに連れて行く。壇上に呼ばれ念力を使うことに成功したペッパーは、戦場の父に念を送り続ける。やがて父が捕虜になったとの知らせが届く。
ある日、米国への忠誠心を示し収容所から釈放された日系人ハシモトが村に越してくる。父を捕虜にした日本兵を想像しハシモトの家に石を投げるペッパー。司祭はペッパーに信仰を示すリストを渡し、やり遂げれば父が帰るという願いは叶うと諭す。「飢えた人に食べ物を」などと書かれたリストの最後には、「ハシモトに親切を」とあった。
翌日からペッパーはハシモトの家に通う。兄は弟が日系人と付き合うのが不満だ。リストを完遂すれば父が帰るという話も信じがたい。ペッパーは辛子の粒程の信仰心があれば山だって動かせると、山に念を送る。地震が起こり、町の人たちはペッパーを信じるようになる。
やがて、広島に原子爆弾「リトル・ボーイ」が投下され戦争が終わる。ペッパーの念が通じたと町の人たちは大喜び。だがペッパーは、捕虜の父は立場が悪くなるし、大勢の人が死んだのは自分のせいだと悩む・・・

ペッパーは仕方なくハシモトと付き合い始めるのですが、だんだんハシモトと心を通わせていきます。ハシモトは、モンゴルが日本に攻めてきた時に勇敢に戦った小柄な侍マサオ・クメの話をしてペッパーを励まします。この話、聞いたことがないのですが、監督はどこから探し出してきたのでしょう。
監督は、10代の頃にメキシコからアメリカに移民。第二次世界大戦の時に、日系人が強制収容されたことや、捕虜になった米国兵のことなど、知らなかった歴史に興味を持ち、当時の米国の普通の家庭を舞台に本作の脚本を執筆。広島に投下された原子爆弾が“LITTLE BOY”と呼ばれていたことから、小柄な少年を主人公に仕立てます。
父親が戦地にいって不在の中、ペッパー少年の心のよりどころになったのが、カトリックの司祭と、当時、米国社会で差別されていた日系人のハシモト。二人の言葉のいくつもがペッパーだけでなく、映画を観ている私にも響きました。中でも、「できると信じていることは、やったほうがいい」というハシモトの言葉が心に残っています。(咲)


2014年/アメリカ/ 5.1ch/シネマスコープ/カラー/デジタル
配給:東京テアトル
公式サイト:http://www.littleboy-movie.jp
★2016年8月27日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、ユーロスペースほか全国ロードショー
posted by sakiko at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック