2016年08月07日

X-MEN:アポカリプス(原題:X-Men: Apocalypse)

Xmen.jpg

監督:ブライアン・シンガー
脚本:サイモン・キンバーグ
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
音楽:ジョン・オットマン
出演:ジェームズ・マカヴォイ(プロフェッサー・チャールズ・エグゼビア)、マイケル・ファスベンダー(エリック・レーンシャー/マグニートー)、ジェニファー・ローレンス(レイブン/ミスティーク)、オスカー・アイザック(アポカリプス)、ニコラス・ホルト(ハンク・マッコイ/ビースト)、ローズ・バーン(モイラ・マクタガート)、エバン・ピーターズ(ピーター・マキシモフ/クイックシルバー)、タイ・シェリダン(スコット・サマーズ/サイクロップス)

紀元前3600年。アポカリプスとして君臨し崇められていたミュータントのエン・サバ・ヌール。新たなミュータントの身体に転移を始めたとき反乱が起こり、ピラミッドは崩壊。アポカリプスはがれきの下敷きになって長い眠りについた。1983年。目を覚ましたアポカリプスが見たものは、堕落した人間たちだった。最古の“神”アポカリプスは人間を滅ぼし、全て破壊して新しい世界を作ろうとする。強力な4人のミュータントを使徒とし、各国の核兵器を葬り始める。その中には袂を分かったマグニートーもいた。
プロフェッサーXは動きを察知するが、アポカリプスに捕らえられてしまう。ミスティークを中心に、学生だった若者たちもX-MENとして加わり、最強の敵アポカリプスと戦うことになった。

チャールズ(プロフェッサーX)とエリック(マグニートー)が出会い、世界征服を企むセバスチャンと戦う『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011年)、ウルヴァリンの魂を50年前に送って危機の始まりを根絶しようとする『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年)に続く完結編。
プロフェッサーX不在のまま、マーベル史上でも最強の敵アポカリプスの前に4人の強力な使徒と戦わねばなりません。シリーズを見続けてきた人もそうでない人も、このど派手なアクションに驚くことでしょう。地球上の人類を滅ぼして再構築しようというのですから。マーベルの想像(創造)力と、超能力を駆使しての戦いに参加する新人たちの戦いっぷりを楽しんでください。マグニートーが敵側なので苦戦必至ですが、切り札になりそうな新人が予告編に登場しています。
ジェームズ・マガヴォイのスキンヘッドは本物。自分で髪を落としている映像を観ましたが、モヒカンにしてみたりなんだか楽しそうです。(白)


2016年/アメリカ/カラー/シネスコ/144分 2D/3D
配給:20世紀フォックス映画
(C)2016 MARVEL & Subs. (C)2016 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/xmen/
★ 2016年8月11日(木・祝)ロードショー
posted by shiraishi at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック