2016年07月31日

太陽のめざめ(原題:La tete haute)

taiyo.jpg

監督:エマニュエル・ベルコ
脚本:エマニュエル・ベルコ、マルシア・ロマーノ
撮影:ギヨーム・シフマン
出演:カトリーヌ・ドヌーブ(ブラック・フローランス判事)、ロッド・パラド(フェランド・マロニー)、ブノワ・マジメル(ヤン)、サラ・フォレスティエ(マロニーの母親)、ディアーヌ・ルーセル(テス)

家庭裁判所のフローランス判事は、若い母親に置き去りにされた6歳の少年マロニーを保護した。10年後、再会した彼は、母親に育児放棄され学校へもろくに通わずいっぱしの不良少年になっていた。判事はマロニーを立ち直らせようと田舎の更生施設に入れる措置をとる。施設には同じような境遇の少年たちが喧嘩やもめごとを繰り返していた。マロニーに判事が教育係としてつけたヤンにも「父親でもないくせに」と反発するばかり。しかし、職員の娘テスに恋したことから、荒れた心が次第に潤っておちついていく。

女優としても活躍するエマニュエル・ベルコ監督の本作は、2015年のフランス映画祭のオープニングを飾りました。女性監督としては2度目の快挙だそうです。年々貫禄の増すカトリーヌ・ドヌーブ久しぶりの主演作。『しあわせの雨傘』(2010年)以来でしょうか。『神様メール』では意外な役で、多くの登場人物のうちの一人でした。
非行を繰り返すマロニー少年を演じたロッド・パラドはこれまで演技経験がなく、大抜擢ですが早くもセザール賞の有望男優賞などを受賞して注目されています。陰のある端正な顔立ちが早世したリヴァー・フェニックスのようだと評判だとか。
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』と同じく、こどもを見守る大人の存在がどれだけ重要かと知らせてくれる作品です。物語の中に、「ママに会いたい」と施設の電話口で涙ぐんだり、ほかの大人から母親をかばったりするシーンがあり、どんなに荒れた子も母親を慕い続けているのにジーンとしました。この世にこどもを産み出した親はもっと自覚しなくちゃいけません。(白)


2016年/フランス/カラー/シネスコ/119分
配給:アルバトロス・フィルム、セテラ・インターナショナル
(C)2015 LES FILMS DU KIOSQUE - FRANCE 2 CINEMA - WILD BUNCH - RHONE ALPES CINEMA – PICTANOVO
http://www.cetera.co.jp/taiyou/
★ 2016年8月6日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国公開
posted by shiraishi at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック