2016年07月23日

ケンとカズ

ken.jpg

監督・脚本:小路紘史
撮影:山本周平
出演:カトウシンスケ(ケン)、毎熊克也(カズ)、飯島珠奈(早紀)、藤原季節(テル)、高野春樹(藤堂)

腐れ縁のケンとカズ。市川市の小さな自動車修理工場に勤めているが、覚せい剤の密売にも手を出している。恋人の早紀が妊娠し父親になる日も近いケンは、これをきっかけに汚い仕事から手を引き、子どもためにも真っ当に生きたいと思い始めている。
ある日カズの実家を訪ねたケンは、カズの母親が認知症だと知ってしまい、知られたくなかったカズの怒りを買う。カズはもっと実入りをよくしようと、今の元締めを裏切って敵対する人間と手を組もうとしていた。自分を密売に誘ったケンを決して手放そうとせず、ケンはしかたなく最後の仕事にしようと決心するのだが。

昨年の東京国際映画祭 日本映画映画スプラッシュ部門で作品賞に輝いた作品。小路紘史監督も出演者もお初の方ばかり。映画祭でいちはやく観ていた(美)さんのイチオシ作品だったので、試写を楽しみにしていました。
観るとまあ、なんと熱い作品だったことか。俳優さんたち画面いっぱいのアップにも負けていません。覚せい剤やら暴力やら痛い場面はあるし、決してお近づきになりたくない人ばかりだし…なのに目が離せなくなります。短編作品が元になっているそうですが、どのシーンにも緊張感がみなぎっていて、監督と俳優さんの力を感じました。舞台で活躍されていた方が多いせいかなじみがなかったけれど才能のある方々が揃ったんですね。これからもっと世に出てほしいものです。
試写が終わって出たら、ケンさんとカズさんが並んでいらして「わ!」とびっくり。もちろん凶暴な光などない好青年でしたよ。(白)


2014年/日本/カラー/アメリカンビスタ/96分
配給:太秦
(C)「ケンとカズ」製作委員会
http://www.ken-kazu.com/
★ 2016年7月30日(土)渋谷ユーロスペースより全国順次公開!
posted by shiraishi at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック