2016年07月22日

めぐりあう日(原題:Je vous souhaite d'etre follement aimee)

meguriauhi.jpg

監督:ウニー・ルコント
脚本:ウニー・ルコント、アニエス・ドゥ・サシー
撮影:カロリーヌ・シャンプティエ
出演:セリーヌ・サレット(エリザ)、アンヌ・ブノワ(アネット)、ルイ=ド・ドゥ・ランクザン(アレックス)、フランソワーズ・ルブラン(ルネ)、エリエス・アギス(ノエ)

理学療法士をしているエリザは、養父母に育てられた。養父母には感謝しているが、了解を得て専門機関へ実の母親の調査を頼んでいた。しかし依頼が頓挫してしまったので、生まれ故郷へ息子のノエを連れて引っ越してきた。夫は快く思ってはいないが、エルザはどうしても自分で見つけたい。
ノエの通う学校で給食の世話や掃除の仕事をしているアネットは、ほかの子と違うことでからかわれるノエが気になる。背中を痛めたアネットはエルザの診療所に通い、よく話すようになった。

初長編『冬の小鳥』(2010)で日本にお目見えしたウニー・ルコント監督。再び自身の体験を元に、母と娘の物語を描きました。監督自身と思えるエリサ役のセリーヌ・サレットの表面は静かで内に情熱を秘めている雰囲気が、映画祭で舞台挨拶に立たれた監督と重なりました。
エリサが理学療法士で患者の肌に触れる職業であることが、アネットとアリサの何かを呼び覚まし物語を推し進める力になっています。息子ノエ役の男の子も重要なポイントになります。前作で少女役のキム・セロンが強い印象を残し、その後の活躍につながりましたが、このエリエス・アギスも楽しみです。(白)


2015年/フランス/カラー/ヴィスタ/104分
配給:クレストインターナショナル
(C)2015 ? GLORIA FILMS ? PICTANOVO
http://crest-inter.co.jp/meguriauhi/
★ 2016年7月30日(土)岩波ホールほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック