2016年07月17日

ミモザの島に消えた母(原題:Boomerang)

minoza.jpg

監督・脚本:フランソワ・ファブラ
原作:タチアナ・ド・ロネ
撮影:ロラン・ブリュネ
出演:ローラン・ラフィット(アントワーヌ)、メラニー・ロラン(アガット)、オドレイ・ダナ(アンジェル)、ウラディミール・ヨルダノフ(父シャルル)、ビュル・オジエ(祖母ブランシュ)

30年前、ミモザの美しい島の海で若い母親が亡くなった。息子のアントワ―ヌは40歳になった今でも、母親の死が受け入れられない。祖母と父に聞いても答えはいつも同じ、子どもだった自分に大人たちが真実を隠していたのではと考えている。父は再婚し母親の話はますますタブーになった。小さかった妹アガットは父の再婚相手を母親として成長し、死んだ母親にこだわり続ける兄が不満だ。母の30回忌にアントワーヌの運転で島を訪れた帰り道、二人は激しい口論になり、車は横転する。

原作はタチアナ・ド・ロネ。2011年の『サラの鍵』(ジル・パケ=ブレネール監督)も“家族の秘密”がテーマでした。本作は戦争が背景ではありませんが、時代の色を濃く反映しています。アントワーヌは結婚生活が破たんし、仕事ではミスが続き、反抗期の娘の気持ちがわからない父親でもあります。母の死を調べていくと家族からも孤立してしまうのですが、妹が入院した病院である女性に出会うことで道が開けて行きます。
家族の秘密を解き明かすのがちょっとサスペンスタッチで、探偵もののような運びです。舞台となるミモザの島は、リゾート地として賑わうノアールムーティエ島。原作通りだそうで、満潮になると道が海に沈んでしまう細い砂州で繋がっています。とても雰囲気のある風景でもうひとつの主役ともいえます。福岡にも志賀島とつながる海の中道がありますが、満潮で切れる部分には橋がかけられています。
映画チラシは兄妹が抱き合うのと、妹アガットがさぐるような眼をしているのと2バージョン出ています。メラニー・ロランのほうがアントワーヌ役のローラン・ラフィットよりも日本では知られているので、このスタイルになったのでしょう。二人の若い母親クラリス役のガブリエル・アジェが綺麗、テレビ出演が多いようでほかの日本公開作品は見つかりませんでした。祖母役のビュル・オジエが(日本でいうと杉村春子さんのような大女優)がさすがの存在感です。(白)


2015年/フランス/カラー/シネスコ/101分
配給:ファントム・フィルム
(C)2015 LES FILMS DU KIOSQUE FRANCE 2 CINEMA TF1 DROITS AUDIOVISUELS UGC IMAGES
http://mimosa-movie.com/
★ 2016年7月23日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック