2016年07月16日

アルビノの木

albino.jpg

監督・撮影・編集:金子雅和
脚本:金子雅和、金子美由紀
出演:松岡龍平(ユク)、東加奈子(ナギ)、福地祐介(羊市)、山田キヌヲ(イズミ)、長谷川初範(火浦)

農作物を荒らす害獣駆除会社で働くユク。淡々と仕事をこなす彼に高額報酬の依頼が舞い込んだ。「詳細は現地で聞け」と明かされず不審に思いながら、家族の入院手術費用を稼ぎたいユクは引き受けることにする。約束の山間の村に行って他言無用と念押しされた注文は“白鹿様”と村人に呼ばれる白い鹿を秘密裏に撃つことだった。アルビノ(色素を持たない)種であることが、開発のためにマイナスだというのがその理由で、“白鹿様”と呼び大切にしている村人には知られたくないのだった。

金子雅和監督はこれまで6本の短編を発表し、他の作品の撮影もなさったりしながら自身の映画製作を続けてきました。『すみれ人形』についで2作目の長編になる本作は、生活のためにハンターになったユクを中心に、自然と人間の関係を描いた作品。架空の山と里でのストーリーにまとめています。
山里や渓流の映像が美しく、白鹿と出会う場面もファンタジーのようです。ナギとの関わりは物語を膨らませますが、ラストは自然と命とユクの締めくくりであったほうが、テーマがよりくっきりしたのでは、と感じました。時間をかけてロケハンをしたそうで、2000mの高地にある小串鉱山跡、奥地の集落は群馬県、幻想的な赤い川は米沢市の渓流、6割の撮影は須坂市。“アルビノ”は先天的にメラニン色素が欠乏して、皮膚や体毛が真っ白で生まれるものです。動物にとっては発見されやすいため生きにくく、希少ゆえに神聖視されることが多いようです。(白)


2016年/日本/カラー/86分
配給:マコトヤ
(C)kinone
http://www.albinonoki.com/
★ 2016年7月16日(土)新宿テアトルにてレイトショー上映


posted by shiraishi at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック