2016年06月18日

クリーピー 偽りの隣人

ituwari.jpg

監督:黒沢清
原作:前川裕「クリーピー」
脚本:黒沢清、池田千尋
撮影:芦澤明子
音楽:羽深由理
出演:西島秀俊(高倉幸一)、竹内結子(高倉康子)、川口春奈(本多早紀)、東出昌大(野上)、香川照之(西野)、藤野涼子(澪)

高倉幸一は元刑事で、今は大学で犯罪心理学の教鞭をとっている。かつての同僚の野上から、6年前の一家失踪事件の分析を依頼される。高倉はただ一人生残っていた長女の本多早紀と会い、記憶を辿ろうとするがどうしても途切れてしまう。
その頃郊外に引っ越した高倉は妻の康子と近所へのあいさつ回りをする。すぐ隣家の西野は一見愛想の良い男だったが、なぜか奇妙な感じがつきまとった。しばらくして西野の一人娘澪が突然訪れ、「あの人お父さんじゃありません。全然知らない人です」と高倉に訴える。いったいどういうことなのか?

都会に住んでいるとご近所付き合いはあっさりしたものです。一軒家で向こう三軒両隣に挨拶という習慣は今も残っていますが、大きなマンションなど集合住宅住まいだと、隣の人がどういう人か知らないという方もいることでしょう。生活時間が違えば顔を合わせることもありません。この作品は一戸建ての並ぶ住宅地を舞台に、一家の失踪事件を追跡する元刑事の夫と妻が「クリーピー(気持ちの悪い)」隣人と出会ったために、闇の部分に取り込まれていくスリラーサスペンスです。西島秀俊さんはNHKテレビの「とと姉ちゃん」では主人公のお父さん役でしたね。『劇場版 MOZU』に続いて香川照之さんと共演です。
隣人の西野を演じる香川照之さんは、相手がいるときと一人のときの表情がまったく違って一人二役のようでした。テイストは全く違いますが、香川さんの面目躍如の作品『鍵泥棒のメソッド』を思い出しました。
原作は第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕氏の「クリーピー」。試写の後に読んでみました。映画よりもっと人間関係が込み入っています。ミステリー好きな方は続編小説もどうぞ。(白)


2016年/日本/カラー/シネスコ/130分
配給:松竹、アスミック・エース
(C)2016「クリーピー」製作委員会
http://creepy.asmik-ace.co.jp/
★2016年6月18日(土)より全国ロードショー
posted by shiraishi at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック