2016年06月14日

シチズンフォー スノーデンの暴露(原題:Citizenfour)

citizn.jpg

監督:ローラ・ポイトラス
製作:ディルク・ヴィルツキー
製作総指揮:ジェフ・スコール、スティーヴン・ソダーバーグ
出演:エドワード・スノーデン、グレン・グリーンウォルド

2013年、ドキュメンタリー映画作家であるローラ・ポイトラスにコードネーム“シチズンフォー”を名乗る人物から、アメリカ政府の極秘事項に関する重大な情報を提供するとのメールが届く。ローラは英国のジャーナリストのグレン・グリーンウォルドと共に、極秘インタビューのために香港へと向かう。現れたのは、元CIA職員のエドワード・スノーデンという若者だった。スノーデンはCIAとアメリカ国家安全保障局(NSA)で訓練を受けたサイバー・セキュリティのエキスパートである。彼はアメリカ政府が監視・盗聴の世界同時監視システムを使って、アメリカ国民の個人情報のみならず世界中の通信データを収集、分析していることを内部告発したいと言う。当局の追跡がスノーデンに及ぶ前に、グレン・グリーンウォルドは英国ガーディアン紙に記事を発表、その5日後にはスノーデンが内部告発者だと名乗り出た。

これがフィクションでなく、ドキュメンタリーだというのに衝撃を受け、国家機密を犯罪であると告発した勇気に頭が下がりました。平穏な生活が送れないのではと危惧します。
便利になったかわりに、スパイ活動とは無縁と思われる(私自身を含む)あらゆる人の個人情報が見られて分析されるなんて!電話の会話も、ネットでのメールや買い物や検索ワード、こういう書き込みまでも?? そういえば『キングスマン』でIT富豪役のサミュエル・L・ジャクソンが「紙とペンはいいなぁ、ハッキングされない」と笑うセリフがありました。されるほうは笑いごとじゃありませんね。
スノーデンから内部資料を託されたグレン・グリーンウォルドは著書「暴露:スノーデンが私に託したファイル」を執筆、2014年に世界24か国で同時発売、日本では新潮社から刊行されています。スノーデンは日本の横田基地に派遣され、三沢基地にも行ったこともあるそうです。サンデー毎日の6月12日、19日号で今ロシアに亡命中のスノーデンへのインタビューが読めます。日本の企業も盗聴されていた…とは。(白)


2014年/アメリカ、ドイツ/カラー/ビスタ/114分
配給:ギャガ・プラス
(c)Praxis Films (c)Laura Poitras
http://gaga.ne.jp/citizenfour/
★2016年6月11日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー
posted by shiraishi at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここに記事がありました。
いやもう何と言ったらいいのか。。。

http://mainichi.jp/sunday/articles/20160606/org/00m/040/030000d
Posted by 白 at 2016年06月14日 20:13
国家は、あなたを監視してる。

「ということは、逆もまた可能ではないのかな」と思いました。

あなたは、米国政府が直面している課題に対する唯一の解決策を
インターネットで公開できます。
米国政府は、あなたがインターネットに公開した唯一の解決策を
監視し、採用せざる得ないということです。
あなたは、国家を操り、支配することも可能です。

君は自分の手で歴史の歯車を回してみくないのか?
Posted by ノリック007 at 2016年07月01日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438980746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック