2016年06月05日

サウスポー(原題:Southpaw)

Southpaw.jpg

監督:アントワン・フークア
脚本:カート・サッター
撮影:マウロ・フィオーレ
出演:ジェイク・ギレンホール(ビリー・ホープ)、レイチェル・マクアダムス(モーリーン・ホープ)、フォレスト・ウィテカー(ティック・ウィルズ)、ウーナ・ローレンス(レイラ・ホープ)、カーティス・“50セント”・ジャクソン(ジョーダン・メインズ)、ナオミ・ハリス(アンジェラ・リヴェラ)

ライト・ヘビー級チャンピオンのビリ−・ホープは43戦無敗のファイター。美しい妻モーリーンと愛娘のレイラのため勝利するのがなによりも好きだ。あるとき養護施設への寄付を募るチャリティ・パーティに夫婦で出席する。ビリーとモーリーンは子供の頃施設で出会ったのだ。スピーチを終えて帰るビリーに若いボクサーが暴言を吐き、短気なビリーが挑発にのって悲劇が起こる。大混乱の中、モーリーンに暴発した銃弾が当り、ビリーの腕の中で亡くなってしまう。妻の死を受け入れられないビリーは自暴自棄になり、母を亡くした一人娘を気遣うこともできない。試合に負け滞納したローンのため家も失い、マネージャーや取り巻きも去っていく。ついには生活力がないことから、最愛の娘レイラとも引き離されてしまった。

ジェイク・ギレンホールが、何もかもなくしてどん底まで落ち、娘を取り戻そうと再起に賭ける元チャンプを演じます。前作『ナイト・クローラー』では、目ばかりが大きく見えるほど体重を落としたジェイクが、今度はプロボクサーの身体を作り出しました。昔ならロバート・デ・ニーロ、今はこのジェイク・ギレンホールが肉体改造の双璧か?『ダラス・バイヤーズ・クラブ』で激やせのマシュー・マコノヒー、太ったり痩せたりのジャレッド・レトもいますが、脂肪ではなく筋肉をつけるのは大変です。
その肉体美で、壮絶なファイトシーンを見せたジェイクもすごいですが、娘レイラ役のウーナ・ローレンスが上手くて泣かせました。将来どんな女優になるのか楽しみです。(白)


2015年/アメリカ/カラー/シネスコ/124分
配給:ポニーキャニオン
Artwork(C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.
http://southpaw-movie.jp
★2016年6月3日(金)よりロードショー
posted by shiraishi at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック