2016年05月29日

デッドプール(原題:Deadpool)

dead.jpg

監督:ティム・ミラー
脚本:レット・リース、ポール・ワーニック
撮影:ケン・セング
音楽:トム・ホルケンボルフ
出演:ライアン・レイノルズ(ウェイド・ウィルソン/デッドプール)、モリーナ・バッカリン(ヴァネッサ)、エド・スクレイン(フランシス/エイジャックス)、T・J・ミラー(ウィーゼル)、ジーナ・カラーノ(エンジェル・ダスト)

ハイウェイを飛ばすタクシーに赤いコスチューム姿の男が乗っている。「デッドプール」と名乗る彼は、自分をこんな姿にした敵に復讐に行くところだった。
2年前。元特殊部隊のウェイド・ウイルソンは、優秀な傭兵だった。リタイアしてからは好き勝手に悪い奴をこらしめて金を稼いでいる。たまたま選んだ娼婦のヴァネッサとのベッドインで、最高に「完璧」な相手だとわかる。結婚を決めた矢先、原因不明の痛みで病院に行ったウェイドは、全身にガンが転移していて余命わずかと宣告される。藁にもすがりたい彼の前に、特別な手術を受ければガンから生還できると薦める男が現れた。手術後、目が覚めると病気は治ったらしい…ところが!

マーベルコミックに登場している異色のヒーロー、レッドプール。口元もマスクの下で見えませんが、ひっきりなしに下ネタ・毒舌のお喋り男。とっても自己中といわれていますが、婚約者のヴァネッサを愛していることだけは間違いありません。
長年この映画化を切望し、制作もかねた主演のライアン・レイノルズ、堅物弁護士も似合えば、サイコキラー役もできる自在な人。顔から手足の先まで全身コスチュームに覆われているので、どこまで本人でどこまでがスタントの方かわからないのですが、とにかく派手なアクションが満載。どんなに緊迫した場面でもセリフがあり、ときには観客に向かって話しかけます。オヤジな熊のぬいぐるみのコメディ『テッド』が好きな方々は笑って楽しめるはず。

この作品の公開と同時にマーベルファンコミュニティサイトが開設されます。渋谷ヒカリエには1ヶ月限定で特設スペース「MARVEL FANS CONNECT」がオープン。(白)


2016年/アメリカ/カラー/ビスタ/108分/R15+
配給:20世紀フォックス映画
(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/
★2016年6月1日(水)公開
posted by shiraishi at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック