2016年05月28日

シリア・モナムール   原題:Silvered Water, Syria Self-Portrait

syria.jpg

監督/脚本:オサーマ・モハンメド、ウィアーム・シマヴ・ベデルカーン
撮影:ウィアーム・シマヴ・ベデルカーン、約一千人のシリア人、オサーマ・モハンメド

アラブの春の動きを受けて、独裁政権に対して自由を求めデモを行うシリアの市民たち。
その非武装の市民たちに発砲する政府軍。
拷問される青年。焼き殺される人たち・・・

2011年5月、カンヌ映画祭のパネルディスカッションで、シリア政府軍に不当に逮捕された人々の釈放を訴えたオサーマ・モハンメド監督。脅迫を受け、フランスへの亡命を余儀なくされる。YouTubeで故国の人々の惨状を目の当たりにしながら、自分は安全な場所にいて何もできないでいることに苦悩する日々。パリで迎えたクリスマス、SNSを通じて知り合ったホムス在住のクルド人女性映像作家ウィアーム・シマヴ・ベデルカーンから、「もしあなたがシリアにいたら、何を撮りますか?」と問いかけられる。この言葉に、孤独から解き放たれたオサーマ監督。シリアにいるシマヴ(クルド語で銀の水)と対話しながら、シリアの人たちが実情を伝えようと命をかけて撮った映像の数々を綴って一つの作品に仕上げた。

詩情溢れる語りとともに映し出される映像には、あまりにも惨く直視できないものもあります。命を絶たれた人々の無念な思いがずっしりと伝わってきて、声を失います。
なぜ、これほど酷い仕打ちを自分の国民にできるのでしょう。

毎日、大勢のシリアの人たちが愛する故郷を離れ、難民と化しています。
シリアで何が起こっているのでしょう?
漏れ聞こえてくる政府軍やイスラム国による市民の弾圧。
外国人ジャーナリストを排除している今、現地にいるシリアの人たちからの発信でしか知りえない実情。
昨年公開された『それでも僕は帰る 〜シリア 若者たちが求め続けたふるさと〜』(監督:タラール・デルキ)でも、本作のシマヴと同じホムスに住む青年たちが内戦の惨さを伝えてくれました。

本作の冒頭に、「1000と一人が撮った映像」とあって、思い起こしたのは、「千夜一夜物語」。一夜を共にした女性を殺してしまう王様に、続きを聞きたくなる話を聞かせて、王様を改心させ、殺すのをやめさせた宰相の娘シェヘラザードの物語。1000と1は、正確に1001というだけではなくて、無数という意味も。
幾千というシリアの人たちの声が、非情な独裁者に届く日が、いつか来ることを願ってやみません。

シマヴは、町を破壊され、学ぶ場を失った子どもたちのために、学校を作ります。
「町は包囲されているけど、頭の中は自由だからね」
チャップリンの映画『街の灯』を観て、ひと時笑いを取り戻す子どもたち。
人々が笑って暮らせる日が来ることを切に祈ります。(咲)


2015年山形国際ドキュメンタリー映画祭優秀賞
(*『銀の水 ― シリア・セルフポートレート』のタイトルで上映された)

2014年/シリア・フランス/96分/カラー/16:9, 4:/5.1ch
配給:テレザとサニー 協力:山形国際ドキュメンタリー映画祭
公式サイト:http://www.syria-movie.com
★2016年6月18日よりシアター・イメージフォーラム ほか全国劇場ロードショー!
posted by sakiko at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック