2016年05月21日

若葉のころ   原題:五月一号   英題:FIRST OF MAY

wakabanokoro.jpg
監督:周格泰(ジョウ・グータイ)
出演:任賢齊(リッチー・レン)、賈靜雯(アリッサ・チア)、程予希(ルゥルゥ・チェン)

2013年、台北。ある日の夜、ピアノコンサートで初恋の女性ワンを見かけたリン。数日後、ワンから「会いたい」というメールを受け取る。実は、ワンは交通事故で意識不明になっているのだが、ワンの娘バイが、母のパソコンの未送信ボックスにあったものを見つけて送ったものだった。そんなこととは知らず、30年前の17歳だった高校生時代に思いを馳せるリン。二人は英語スピーチコンテストで優勝を争った仲だった。2位に甘んじたリンは、英語の教師からビージーズの「若葉のころ」の歌詞を中国語に翻訳するよう課題を与えられる。リンはワンへの思いを抱きながら訳した歌詞を挟んだ「若葉のころ」のレコードをワンに渡す。だが、数日後、リンが起こした事件のため、二人はその後離れ離れになってしまったのだった・・・

恋に悩む17歳のバイが、母の綴った17歳の頃の思いを見つけて、思わず未送信だったメールを母の初恋の人に送ってしまいます。30年前の母の初恋と、現在のバイの恋が交錯する物語。ビージーズの名曲「若葉のころ」が切なく響きます。(と書きましたが、よく聴いた曲のタイトルを初めて知りました!) 爽やかで愛くるしいルゥルゥ・チェンが、娘バイと母の若い頃の両方を演じています。淡い恋心が、透明感溢れる美しい映像から伝わってきます。
いつまでも心に残る初恋の頃の思い出・・・ さて、その人に会いたいか?というと複雑です。(咲)


2015年/台湾/1時間50分/シネマスコープ/カラー
提供・配給:アクセスエー / シネマハイブリッドジャパン
後援:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
公式サイト:http://www.wakabanokoro.com
★2016年5月28日 (土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開
posted by sakiko at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック