2016年05月08日

ふたりの桃源郷

hutari.jpg

監督:佐々木聰
ナレーション: 吉岡秀隆

山口県岩国市美和町の電気も水道もない山奥で暮らす田中寅夫さん・フサコさん夫妻。戦争で焼け出されたふたりは、農地改革で売り出された山あいの土地を買って、自分たちの手で畑を耕し、薪を集めて、自給自足の生活をしてきました。その後、大阪に移り住み、寅夫さんはタクシー運転手をしながら3人の娘たちを育て上げます。子育てを終えた寅夫さん夫婦は、18年ぶりに山に帰る決意をします。再び、電気も水道もないけれど、大自然に囲まれた暮らし。
自給自足していた二人にも、やがて老いが訪れます。山のふもとの老人ホームに入りますが、「テレビを観てばかりいるとボケる」と、寅夫さんはトラックを自分で運転して30分かけて山に入り、フサコさんと畑仕事。時折、3人の娘たちも夫婦で山を訪れます。
こんな寅夫さんたちの家族を、山口放送は足かけ25年にわたって追い、テレビの人気ドキュメンタリーシリーズ「ふたりの桃源郷」として、短いものから1時間ほどの長いものまで何度も放映してきました。本作は、これまで撮りためたものをもとに、さらに取材して映画化したもの。

寅夫さんの口癖は、「自分の食べるものは自分で作る」
人間の営みの原点を観た思いがしました。
でも、寅夫さんたちは、山での自然に囲まれた暮らしに憧れて山奥の土地を買ったというよりも、戦後、農地改革で安く売りだされたものが、たまたま山奥だったようです。
先日、佐々木監督にお話をお伺いしたら、監督ご自身も制作の仕事がしたくて山口放送に入社したのではなく、東京での暮らしに馴染めないと、故郷山口で就職先を探した結果、山口放送に入社し、制作部門に配属されたとのこと。
人生、ひょんなことから生き方が変わるものだとつくづく感じました。
そして、本作で仲の良いふたりの姿を観ていて、あ〜私も若いころには、年を取ったら、長年連れ添った伴侶と仲良く手を繋いで過ごしたいと思っていたなぁ〜と思い出しました。(咲)

寅夫さんはなかなかハンサム、フサコさんは北林谷栄さん似で声も可愛いお似合いなご夫婦。戻りが遅い寅夫さんを心配して山に向かって「おとうさぁ〜ん」と呼びかけると、山から「お〜」と返事があってフサコさんはニッコリ。何年も経って寅夫さんは先に亡くなられ、認知症になったフサコさんは、寅夫さんが山に行ったまま帰らないと思っています。昔と同じように何度も呼びかける澄んだ声がいつまでも耳に残りました。
ご苦労も多かったでしょうが、なんと豊かな人生を全うされたのかと思います。娘さん夫婦が後を継いでくれて、人の営みが脈々と受け継がれていくのも素敵。お二人もきっと見つめておられるはずです。(白)


DSCF4128 sasaki kantoku.JPG
佐々木聰監督 インタビュー特別記事もぜひご覧ください。

製作著作:山口放送
協力:日本テレビ系列 NNNドキュメント
配給協力:ウッキー・プロダクション
2016年/87分/カラー/HD/日本/ドキュメンタリー
公式サイト:http://kry.co.jp/movie/tougenkyou/
★2016年5月14日(土)よりポレポレ東中野(東京)、山口県内ほか全国順次公開

◎封切り以来満席が続いて上映期間延長になりました!
ポレポレ東中野では 連日12:30、16:50 2回上映
posted by sakiko at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック