2016年05月01日

わたしの自由について〜SEALDs 2015〜

shealds.jpg

監督・製作・撮影・編集:西原孝至
撮影応援:山本大輔

2015年。平和国家として戦後70年間歩んできた日本。自民党はそのよりどころとなる日本国憲法の解釈を180度転換し、集団的自衛権の行使容認を含む新たな安保関連法案を国会に提出した。
これまで政治に無関心といわれた日本国民、その中でも若い世代が特に危機感を持った。学生団体「SEALDs」(シールズ : Students Emergency Action for Liberal Democracy-s / 自由と民主主義のための学生緊急行動)は、6月から毎週金曜に国会前で抗議行動を開始する。

数名の若者から始まった社会運動の半年間に密着したドキュメンタリーです。昨年SNSやメディアに幾度となく登場した「SEALDs」の抗議行動と中心となる奥田愛基くんをはじめとする若者たち。ネットでまたたくまに拡散し、多くの共感を集めました。彼らの軽やかなデモに、それまでどうやって声をあげればよいのか、どこで誰に訴えればいいのか、逡巡していた人たちを勇気づけ、背中を押してくれました。
ネットに自分の名前と顔が出るというのは、支持する人に届く代わりに、悪意にもさらされます。顔を見せない相手からのひどい中傷やバッシングにもあったはずです。勇気を持った若い人たちがこうやって自分の意見を言えることに、日本も捨てたもんじゃない、まだまだ希望はあると思いました。暑い夏、熱かった人たちとその志を忘れたくありません。まとまった記録に残ったことが嬉しいです。
選挙に棄権することを「意思表示」だという人がいますが、それは違う〜!まずは投票にいかなくちゃ。(白)


2016年/日本/カラー/HD/165分
配給:sky-key factory
(C)2016 sky-key factory, Takashi NISHIHARA
http://www.about-my-liberty.com/
★先行上映 渋谷アップリンク 4月20日(水)、5月3日(火・祝)〜10日(火)
★2016年5月14日(土)渋谷アップリンクほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック