2016年03月27日

下衆の愛

gesu.jpg

監督・脚本:内田英治
撮影:野口健司
音楽:T字路s
出演:渋川清彦(テツオ)、でんでん(貴田)、忍成修吾(ケン)、岡野真也(ミナミ)、内田慈(響子)、津田寛治、木下ほうか、古舘寛治、細田善彦(マモル)

テツオは、売れない自主映画監督。唯一の自慢は昔映画祭で受賞したこと。映画への夢を見続けて40歳も目前になってしまった。夢は語るが仕事はなく、女優の卵を自宅に連れ込むていたらく。地方から俳優や脚本家を目指して出てきた若者たちを相手に食いつないでいる。その中にミナミがいた。彼女の演技力に目をつけたテツオは、シナリオを書いてきたケン、助監督のマモルと一緒に、貴田プロデューサーに製作を持ちかける。

昨年のTIFFで一足お先に見せてもらいました。内田監督が見たり聞いたりしたことをもとに、映画業界を描いた作品。「全員下衆」とキャッチにあるけれど、まじめに取り組むウブな若者もちゃんといます。新人の苦労は当たり前とはいえ、過酷な世界であります。
女とみれば手を出すテツオ、身体で役をとってくる響子、テツオを慕うマモル、うさんくさいプロデューサー…。欲と金にまみれても、ダメダメ人間でも、映画への愛は人一倍のゲスな人々の物語。公式HPのキャスト画像がそれぞれ有名な映画のポスターになっています。元ネタが何か、どうぞ当ててみて。(白)


2015年/日本/カラー/シネスコ/110分
配給:サードウィンドウフィルムズ
(C)third window films
http://www.gesunoai.com/
★2016年4月2日(土)よりテアトル新宿にて公開
posted by shiraishi at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック