2016年03月26日

蜜のあわれ

mitsuno.jpg

監督:石井岳龍
原作:室生犀星「蜜のあはれ」
脚本:港岳彦
撮影:笠松則通
音楽:森俊之
出演:二階堂ふみ(赤子)、大杉漣(老作家)、真木よう子(ゆり子)、高良健吾(芥川龍之介)、永瀬正敏(辰夫)

赤いひらひらドレスの赤子は作家の「おじさま」と暮らしている。「あたいを恋人にして」「短い人生楽しいことでいっぱいにしなくちゃ」とおじさまに迫り、ダンスを踊って見せたりくっついて寝たりする。老作家は映画と称してこっそり愛人のもとへ出かけ、戻っては赤子との毎日を楽しんでいる。赤子の前に白い着物姿の女が現れた。老作家のかつての愛人だというゆり子は、作家への強い思いが残って出てきてしまう幽霊らしい。

老作家の妄想から生まれた金魚の女の子の赤子。もう「男のロマン」と「夢」が全開です。丸い顔と丸いお尻の可愛い赤子に「おじさま」と迫られた日にゃメロメロでしょう。出演作が途切れることのない二階堂ふみさんが愛らしい小悪魔金魚に扮していますが、原作を高校生のときに読んで「赤子」は絶対にやりたかった役なのだとか。『私の男』のときもそんなコメントがありました。読書家なんですね。大杉漣さんは石井岳龍監督との仕事を切望していたそうで、老作家の眼鏡を自ら探し出して眼鏡屋さんに加工してもらったという力の入れようです。
室生犀星といえば「故郷は遠くにありて思うもの」と始まる詩が有名です。多くの作品を残し、文豪と呼ばれ、愛妻家で良き父でもあったという彼が70歳のときに、こんな作品も書いていたことにへぇ〜です。実際に親交が深かった芥川龍之介もこの作品中に登場、写真でおなじみの髪型やポーズそのままの高良健吾に目を奪われました。この人の目力と華ときたら。
試写で気になったのが、いくつかのシーンで着物の衿が左前だったこと。意味があるのかただの間違いなのか知りたいものです。(白)


2015年/日本/カラー/ビスタ/105分
配給:ファントム・フィルム
(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
http://mitsunoaware.com/
★2016年4月1日(金)より、新宿バルト9他にてロードショー
posted by shiraishi at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック