2016年03月26日

あやしい彼女

ayasii.jpg

監督:水田伸生
脚本:吉澤智子
撮影:中山光一
音楽:三宅一徳
出演:多部未華子(大鳥節子)、倍賞美津子(瀬山カツ)、要潤(小林拓人)、北村匠海(瀬山翼)、金井克子(相原みどり)、志賀廣太郎(中田次郎)、小林聡美(瀬山幸恵)

戦後をがむしゃらに生きて、娘を女手一つで育て上げた瀬山カツ、73歳。口うるさく毒舌だけれど、大手出版社の編集長になった娘と可愛い孫が自慢。いつもの苦労話を始めて娘と喧嘩してしまい、とぼとぼと歩いていると見慣れない写真館があった。オードリー・ヘップバーンの写真にひかれて入り、思わずポートレートを撮影してもらう。店を出たが何かがおかしい。なんと20歳の姿に変わっていたのだ!中身は73歳のまま若返ったカツはこれでは家に帰れない。この際オードリーと原節子にちなんで名前を“大鳥節子”に、髪型と洋服も変えて青春を取り戻すことにした。

オリジナルは韓国で大ヒットし、2014年日本公開された『怪しい彼女』、中国でもリメイクされて、2015年『20歳よ、もう一度』として公開されています。この人生リセットものは多くの人の共感を呼ぶのでしょうね。
さて、日本でのリメイクでメガホンをとったのは『綱引いちゃった!』(2012)『謝罪の王様』(2013)などコメディ作品を送り出してきた水田伸生監督。73歳のカツは倍賞美津子さん、20歳で中身が73歳のままのカツは多部未華子さん。初の老け役(?)を表情豊かに演じています。歌は苦手だったそうですが、昭和のヒット曲を次々と披露して特訓の成果を見せました。歌と一緒に当時の出来事を思い出してしばし60年代にひたりました。笑ったり泣いたり、最後にほっこりしてください。オリジナルと同じくラストのサプライズもお見逃しなく。(白)


2015年/日本/カラー/ビスタ/125分
配給:松竹
(C)2016「あやカノ」製作委員会 (C)2014CJ E&M CORPORATION
http://ayakano.jp/
★2016年4月1日(金)エイプリルフール 全国ロードショー
posted by shiraishi at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック